So-net無料ブログ作成

モデルファクトリーヒロ 1/12 ヨシムラスズキ8耐2007の製作29 完 [バイク模型]

モデラーGP2009コンテストでの完走を持ってこのキットを完成したのですが、最後にこのキットを振り返りたいと思います。

12/6(日)のモデラーGP2009会場で何人かの人に話しかけてもらいました。内容は、
「このキット作るの大変じゃなかったですか?」
「実はキット持っているのだけど、完成させる自身が無く手付かずのままでいる。」
「作りたいのだけど素組みでどの程度まで完成させられるのか?」
等でした。
みなさんある程度の難しさを理解、また難しいと思っているようで、ほとんどの方は敷居が高いキットの認識のようでした。

製作前にこのブログでも書いたのですが、まず私自身、メタルキットには非常に抵抗がありました。プラモデルとは訳が違う、接着にはハンダを使わねばならない、このキットは部品が凄く多い、部品の取付精度はばらばらで調整が難しい、といった固定観念がありました。確かにタミヤの精度の良いプラモデルとは異なることは事実です。しかしこのキット製作を通して、基本工作が出来る人ならおそらく完成させられるのでは、と思いました。

以下に少し注意点を記して置きます。

○メタルの磨きについて

 これは会場でも聞かれました。ほとんどのメタル部品は、バリ等をカッターで除去した後、真鍮ブラシを取り付けたリューターで磨いただけです。その後プライマー塗装に移りました。見えない部分はこれで大丈夫でした。マフラー等の見える部分は400番のヤスリから目の細かいヤスリで磨き、最後はコンパウンドで磨き鏡面としました。

○メタルの接着について
 ほとんどを瞬間接着剤、ロックタイトの低白化タイプを使用しました。合わせ目を消したい部分はハンダ付けです。ハンダ部分はその後磨き、平滑化しました。

○仮組
 これもよく聞かれました。適度に行いましたが、全部品全くの無塗装でカウルまで取付けることをしませんでした。本当はやるべきだったと思います(カウルがかなりきつい、タイトだったことが最後にわかったため)。

○部品の取付精度
 仮組みをあまりせずとも形になったのは、もともとの部品の取付精度があったためと思います。精度をあげるためには決められた位置に取付穴を開けることが大事です。そのため、ぜひ良いドリル、ピンバイスを使用してください。ダイソーで売っている柄が付いているドリル、特にΦ1mm以下のドリルでは開けたい位置に開けることはできないと思います。金属に対してドリルの刃が弱くて逃げてしまい、結果微妙に穴の位置がずれる、これら部品が組みあがっていくと大きく取付精度が悪くなります。私は最初ダイソーのドリルを使っていましたが、途中でタミヤのドリル/ピンバイスに変えました。今後もっと良いドリルを探したいと思います。ダイソードリルはプラスチックには良いですが、メタルキットの穴開には不向きでした。

○ヒロヨシムラ8耐2007キットの精度決定箇所
 取説での8のフレームの組立、および15のフレームとエンジンの取付、この2点が重要と思います。特に15ではフレームに対してエンジンが上過ぎるとタンクと大幅に干渉します。逆に下過ぎると、マフラーやアンダーカウルが干渉します。慎重にエンジンの位置を決めてください。

○クリアー
 カウルにはウレタンクリアー(エンジンウレタンのクリアー)を使用し、2000番のペーパーやスポンジやすりで磨いた後、タミヤの3種類のコンパウンドを使用し、最後にタミヤのモデリングワックスをかけました。
 コンテスト当日にたくさんのバイク模型を拝見しましたが、普通の人は最初にカウルの光沢を見ます。光沢が無いと人も見てくれないので、カウル塗装は大事だと思いました。バイクはエンジンやマフラー類に手を加えたくなりますが、実はカウルの光沢が第一で、第二はマフラーやスイングアームにパーティングラインが残っていないか、メカの塗装にムラが無いか、が重要と感じました。

○このヒロのキット
 良いと思いますよ。ただし、カウルからフレームのエアボックスの形状が実車とは全く異なるのが気になりました。MAXさんは、外形は良いがフレームの幅、タンクの幅(おそらくそれぞれの縦横比)が実車と異なる、とおっしゃっていました。付属デカールJOMOの地球がグラデーションになっていないことにはがっかりました。MAXさんから修正デカールで対処できます。

最後にこのキット製作、完成を記したページ、完成品が見られる場所を記します。

<参考ウェブ>
ご存知MAXさんの作品 http://www.motomodeling.com/index.html
モデラーGP2009で3位獲得のくろすびーさんの作品 http://www.bright-logic.com/Mgallery/'07Y.html
βチタニウムさんのブログ http://btitanium.blog100.fc2.com/blog-entry-216.html
                http://btitanium.blog100.fc2.com/blog-entry-217.html#more
車座のunzenさんの作品 http://www.h3.dion.ne.jp/~kurumaza/teirei0807.html

<完成品実物展示>
バルケッタ http://www.club-barchetta.com/

以上です。

みなさんの今後の製作に参考になればと思います。ありがとうございました。
nude07.jpg

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

のりドム&みさドム

重ね重ねお疲れ様でした。

価格もお高めですしほんと敷居が高く感じられるキットですよね。
こういったキットの感想はありがたいです(^^)
さて、ウチはいつ触ることやら…
by のりドム&みさドム (2009-12-10 22:56) 

yasuo_s

のりドムさん

コメントありがとうございます。
キット価格が高いので封を切ったら後に戻れない、コンテスト参加宣言したから後に戻れない、この気持ちで作り終えました。

近々タミヤから発売されるホンダRC166のキット+エッチング等フルオプションの定価合計額が約18,000円!でした。プラモがこの価格で、ヒロのキットがさらにパーツがメタルを考慮すると定価3万円くらいも何か妥当のようにも思えました。ヒロのヨシムラ8耐2009の買う機会を伺っていますが、なかなか安くならないですね。

タイトルの「作りかけ」模型が多いので引っ張り出して眺めています。これから車に着手すると思いますが、また読んでください。
by yasuo_s (2009-12-11 20:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログ完成作品の譲渡希望および 製作代行・製作依頼については ブログのコメント欄よりお問合せください。
模型ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。