So-net無料ブログ作成

1/24フェラーリ599GTO(フジミ599GTB+HobbyDesignトランスキット改)の製作2 [フェラーリ599GTO]

本日7/14発売のオートモデリングvol.24を買いました。
DSC09303.jpg

1970年代F1の2回目特集でして、掲載作例のキット名を見ますとここ2、3年で相当数のキットが発売されたことを実感しました。プラモデルのほか、スタジオ27やモデルファクトリーヒロ等のフルキットやトランスキットの作例が多いです。

クアトロバルボーレのメンバーでは、BORAさんが1/20コジマKE009を、ランナーさんが1/20ウルフWR1フォードプレス仕様の作例があります。私は両方ともキットを持っていませんが、きれいな仕上がりを見ますと作りたくなります。そういえば、今回yoshiさんの作品も期待していたのですがひとつもありませんでした。

MODEL Art (モデル アート) 増刊 オートモデリング 2011年 08月号 [雑誌]

新品価格
¥2,300から
(2011/7/14 21:45時点)




さて599GTOですが、トランスキットボディがシャシーに合わないのはフジミキットボディよりも一回り小さいから、と先回記しました。これに対応するには、基本的にフジミボディーの外形(サイズ)を生かすしかないと思い、フジミとトランスキットのボディパーツをそれぞれ使用すること、に決めました。

そのため、パネルラインに沿ってエッチングソーでボディーパーツを切り出しました。まずはフジミのボディから。
DSC09296.jpg

続いてトランスキットのボディを切り出し。
DSC09295.jpg

サイドシルのフジミとトランスキットの比較です。グレーのトランスキットパーツが小さい(短い)ことがわかるでしょうか。
DSC09298.jpg

フジミボディーのホイールベース長さを生かしながらGTOのパーツを仮組みするとこのような感じです。色の配色からGT300のポルシェボクスターのように見えますが、作りたい599GTOのイメージはこうです。
DSC09300.jpg

グレーのトランスキットパーツは小さいのでフジミボディとの間には1~2mm程度の隙間ができますが、隙間を埋め筋彫りすればシャシーとの合いの問題はかなり解消されるでしょう。


今回の購入品

・モデルアート別冊オートモデリングvol.24 2,300円

今回合計 2,300円

◎2011年累計 ¥49,904


nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 4

のりドム

パーツ化すると尚更サイズの違いがわかりますね(--;

by のりドム (2011-07-14 22:48) 

mayupapa

のりドムさん

コメントありがとうございます。エッチングソーでの切断には疲れました。こんなことになるならばトランスキットらしく、ノーマル599と違うパーツだけ付属してほしかったものです。
by mayupapa (2011-07-14 23:25) 

yoshi

ご無沙汰です 実は地震の時、右手甲を落下物で骨折しまして...お恥ずかしい 骨折は4ヵ月経ちますので治っていますいますが、中指、薬指の根元に、痛みが残り指が完全に曲がらない状態です でもそろそろリハビリがてらに復帰しますのでご安心くだださい オートモデリングvol.24は去年に作例のお話有りましたが、年明け号の97Tの為出来ませんでした 本の構成メインになる作品は去年夏からスタートしていますが、自分は月刊誌の新作担当なので、フジミなどスケジュールにあわせいますので参加しませんでした 
by yoshi (2011-07-16 11:25) 

mayupapa

yoshiさん

コメントありがとうございます。地震で怪我、それも骨折されたとは驚きました。早く完治され、また月刊雑誌作例に復帰されることを祈っております。次回新作のF1ならばフジミのF2003GAでしょうか。もうすぐ発売になりますし、もしyoshiさん製作でしたら雑誌拝見します。
by mayupapa (2011-07-16 21:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログ完成作品の譲渡希望および 製作代行・製作依頼については ブログのコメント欄よりお問合せください。
模型ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。