So-net無料ブログ作成

ハセガワ 1/24 ジャガーXJR-8 スプリントタイプの製作1 [ハセガワ XJR-8 スプリント]

多くの方が記しておりますが、私も記しておきます。小林可夢偉選手がフェラーリAFコルセと契約し、今年はフェラーリ458GTEでWECに参戦することが決定しました。
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=46930

F1にこだわる可夢偉選手ですから、この契約には勝手な推測ですが、「ルマンかWECでクラス優勝の際には、フェラーリF1テストの機会を得られる。」条項があるのではと思いました。

たとえ今年ルマンやWECで活躍したとしても、フェラーリ以外のF1チームからは注目されない点が厳しいです。もしフェラーリF1への道が絶たれたならば、F1参戦が噂されるホンダと共に2015年F1復帰するしか手段がないと思います。そのためには2014年はホンダと契約し、日本国内でスーパーフォーミュラとスーパーGT(GT500)の両タイトルを獲得、2014年DTMもスーパーGTと統一レギュレーションになりますからDTMとの統一戦(あくまで想像です)でも優勝、2015年はホンダエンジンと共に供給F1チームへ…もうF1へはこの道しかありません。

今年ルマンとWECに参戦するのであれば、トヨタワークスからTS-030で総合優勝を狙っても良かったと思います。それは同じTS-030に乗るレッドブルF1リザーブのセバスチャン・ブエミと単純に速さの比較ができるからです。ブエミより速い上にルマンタイトルかWECタイトルのほうが、F1チームから注目されると思うのですが。

さて静岡ホビーショー合同作品展まであと2ヶ月になりました。今年1台も完成させていないのですが、とにかく展示台数を増やすために、完成目処を立たせなければなりません。

静岡オートモデラーの集いの展示テーマ、グループC用に、ハセガワ 1/24 ジャガーXJR-8 スプリントタイプに着手します。
DSC00294.jpg

デカール余白の黄変が始まっており早く完成させたいと思っていました。このハセガワのデカールは下地が透けるので、ボディーの白と紫の境界のデカール(イエローライン)の下地を白色にしておくほうがデカールの発色が良いはずです。そのためイエローラインのデカールをもとにマスキングテープを切り出し、それをマスキングに使用しました。ボディーは下地をホワイトサーフェーサー1000で仕上げた後、全体をファンデーションホワイトを吹き、マスキング後、タミヤスプレーのラベンダーをエアブラシで吹きました。マスキングテープを剥がすとこんなふうです。
DSC00289.jpg

ルーフからリアカウルに並ぶ四角形もデカールをもとにマスキングし、ラベンダーを塗りました。
DSC00290.jpg

このXJR-8スプリントはルマン仕様と異なりヘッドライトデザインが異なり、リアタイヤスパッツも付く、なかなか格好良い車だと思います。

ハセガワのグループCシリーズはエンジン再現は無いものの、部品構成がレジンキット並みに少なく、手軽に完成できそうな点が好きです。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログ完成作品の譲渡希望および 製作代行・製作依頼については ブログのコメント欄よりお問合せください。
模型ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。