So-net無料ブログ作成

1/20 ベネトンB193Bの製作1 [ベネトンB193B]

静岡ホビーショーが終了し一週間が経ちました。11月横浜ホビーフォーラム展示会のF1モデラーズのテーマ「ミハエル・シューマッハのF1」。その担当の1台目、ベネトンB193B(1993年)の製作に着手します。

B193Bは1/20スケールのプラモデルキットは無いので、タミヤ1/20ベネトンB192(1992年)から改造します。改造と言っても小改造程度で済む?はずです。
DSC00662.jpg

スタジオ27のエッチングパーツ、B192/B193グレードアップパーツを使用します。このエッチング自体B193Bへの改造を意識したもので、リアのメゾネットウイング、コクピット横のパージボード、カウル後端の形状修正テンプレートが付いています。
DSC00661.jpg

デカールはタブデザインのB193フルデカールです。これでどのGP仕様にも対応できます。
DSC00663.jpg

1993年からタイヤ幅の狭い「ナロータイヤ」が採用されました。タミヤB192の付属タイヤでは幅広のため、タミヤのロータス107Bのタイヤとホイールを使用します。これはF1モデラーズのクワさんに頂きました。
DSC00664.jpg

さあ、これでB193Bの材料はそろいました。またクワさんから1993年資料を多数貸してもらいました。クワさん、ナロータイヤともども、どうもありがとうございました。
DSC00667.jpg

仕様としては、シューマッハが予選2位、決勝リタイヤと振るわなかったものの、1993年の特徴の空力デバイス、メゾネットウイングを採用したモナコGPとします。

パッと見でB192とB193Bのボディ形状はほとんど同じですが、細部が異なる箇所がいくつかあります。そのうちまずカウル後端の上面を修正しました。オイルクーラー用?のNACAダクトを追加します。

スタジオ27のエッチングに付属するテンプレートを使用して、ペンでカウル切断のラインを引きます。
DSC00665.jpg

そのラインに沿って切り出しました。NACAダクトとカウル外周は細いので破損しないように注意します。
DSC00666.jpg

エッチングパーツにはこのNACAダクトの底面&側面があり、カウル裏側から取り付ければダクトの出来上がりです。重宝します。

今後しばらくは細部の形状修正を進めます。

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 2

クワ

お役にたてて光栄です♪
B193Bはなかなかスクラッチしてる方がいないので
mayupapaさんの作品が楽しみです!

いつかB193AとBと並べたいので
作製する際に参考にさせていただきます♪
by クワ (2013-05-28 08:48) 

mayupapa

クワさん

コメントありがとうございます。資料が役に立っていますよ。今から20年前の本が主ですからね。貴重です。リアカウル後端の形状とかかなりわかりました。次お会いするときには完成し、資料もお返しできるよう頑張ります。
by mayupapa (2013-05-28 22:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログ完成作品の譲渡希望および 製作代行・製作依頼については ブログのコメント欄よりお問合せください。
模型ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。