So-net無料ブログ作成

フジミ 1/24 ランボルギーニ ヴェネーノの製作1 [フジミ ヴェネーノ]

本日2/8(土)首都圏は一日中大雪でした。積雪10センチくらいでしょうか。子供たちと近くの公園へ行ったものの、あまりの雪の量ですぐに家に戻りました。

ホンダの昨日7日(金)発表の2014モータースポーツ活動内容には驚いた方が多いのではないでしょうか。

一番は、ビタントニオ・リウッツィをSF(ARTA)とスーパーGT500クラス(ARTA)に起用でした。リウッツィは過去レッドブル、トロロッソ、フォースインディア等F1のレギュラードライバーでした。他にもGT500にはジャン-カール・ベルネイ(童夢)とベルトラン・バゲット(NAKAJIMA)といったWEC等スポーツカーレースの覇者を起用します。

これはホンダがF1への道筋を作ったことが大きいと思います。ドライバーにとってはホンダのシートは魅力的なのでしょう。現段階で一番F1に近いのはGP2に参戦する伊沢拓也選手に間違いありません。しかしSFやGT500でタイトルを取れば、ホンダF1テストの機会や、DTM、WEC LMP1クラスのシートへも繋がりそうな気配はあります。

さて、オートモデラーの集いin横浜でSOF君のフジミ ヴェネーノが印象的でした。このキットはタミヤのラフェラーリとほぼ同時期に発売され、私はヴェネーノの方を発売直後に買いました。フロント&リアのウイング造形、ドーサルフィン(背びれ)、ピレリタイヤがF1チックであり、F1好きにはたまらないシルエットです。
DSC01501.jpg

キットは発売直後にほぼ完売となり、今月2月にエンジン付きが発売予定です。こちらの発売には注意しておきたいです。プロポーションだけで十分迫力があるので、エンジンレスで500~1000円くらい安いモデル設定でも良かったのですが。

フジミ 1/24 ランボルギーニ ヴェネーノ (プラモデル)

フジミ 1/24 ランボルギーニ ヴェネーノ エンジン付き(プラモデル)


1/24 リアルスポーツカーシリーズNo.94 ランボルギーニ ヴェネーノ エンジン付




箱を開けると、非常に部品点数が多いなぁ、と思いました。ボディを構成するパーツ数が多いためで、パーツからはボディ外形を想像できません。この時点で製作意欲がダウンします。いったん仕舞おうとすると、箱の蓋がちゃんと納まらないと思いきや、蓋の高さが足りないだけでこの写真のとおりで正しいです。
DSC01502.jpg

足回りから着手しました。キャリパーは赤にしました。
DSC01500.jpg

そしてタイヤ、F1のピレリPゼロ ソフトタイヤと同じ赤いラインが格好良いです。ホイールカバーはカーボン調塗装としました。
DSC01498.jpg


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログ完成作品の譲渡希望および 製作代行・製作依頼については ブログのコメント欄よりお問合せください。
模型ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。