So-net無料ブログ作成
検索選択

第8回静岡オートモデラーの集い の様子1 [展示会]

9/28(日)第8回静岡オートモデラーの集いに参加しました。
1.jpg

今年は参加者80名以上、展示台数500台以上の規模でした。10~16時の間、常に会場内は人であふれていました。
2.jpg
3.jpg
4.jpg

招待モデラーはバイクモデラーのらぐにゃんさんで、メッキ塗装のレクチャー、実演がありました。参加者には貴重なレシピも配布され、メッキ塗装のノウハウがわかるようになっていました。1/6バイクのフェンダー、マフラー等鏡面は全てメッキ塗装で、このレベルまで仕上がるのかという驚きでした。
5.jpg
6.jpg
7.jpg

私は1年以内の(ほぼ)完成作品5つを展示しました。蛍光カラーの塗装、デスモセディチをよく見てもらえました。
8.jpg

500台以上の展示ですからすべては紹介できませんが、気になった作品を記します。

kwnさんのR32 GT-R、星野一義フィギュア付きです。コーナー内側縁石に乗り上げ、タイヤがインリフトしている状態が素晴しく再現されていました。アルファ155 DTMはタミヤトレッサ横浜コンテストでの入賞作品で有名です。どちらもスピード感あります。
9.jpg
10.jpg
11.jpg

SOF君は20台以上の持込み、どれも綺麗でした。独自の「ラップ塗装」、四季をテーマカラーのようです。次は冬?アオシマのアヴェンタドールロードスターとクラウンロイヤルを早くも複数台完成。私も製作中のムルシエラゴGT1は#24仕様、格好良いです。
12.jpg
13.jpg
14.jpg
15.jpg

おぺさんのCOFFIN(棺おけ)、ガイコツ付きのキットがあるようです。車、ガイコツ、ジオラマ、細かいです。ポルシェGTは粒子の細かいシルバーでした。
16.jpg
17.jpg

Macky34さんのフェラーリF12ベルリネッタ、鮮やかなヴェネーノとアストンマーティンDBSは複数台製作です。格好良いヴェネーノ、くせのあるキットだと教えてもらいました。
18.jpg
19.jpg
20.jpg

その2へ続く

9/7(日) CG(カーグラフィック)フェスタ 2014

2年前CG FESTA 2012に行くことができなかったので今回の開催を楽しみにしていました。会場はミュゼオ御殿場。家族で御殿場プレミアムアウトレットへ出掛け、妻と長女のショッピング中、私と次女はCGフェスタ2014へ行ってきました。

午前中は雨が強く見学にはあいにくの天候でした。しかし庭園芝生のグリーンに派手なカラーのスーパーカーが生えます。
DSC02777.jpg

雨が強かったので最初は屋内展示を見学。今回の目玉、ラ・フェラーリです。リア周りやエンジンが見られなかったのは残念ですが、世界限定500台に満たない本物はそうそう見られません。ボンネットが低く幅広で、とてもロードカーには見えませんでした。
DSC02743.jpg
ひとつ気になったのが、フロントウインド上の松田コレクションのステッカー。松田コレクションは6年前までフェラーリ博物館をここミュゼオ御殿場に持っていたようです。閉館後のフェラーリは何処へ行ったのでしょうか。ラ・フェラーリは購入条件が非常に厳しく、松田コレクションのような過去フェラーリのスペシャルモデル複数台の購入者で無いと購入できなかったと思います。まだ松田氏は健在なのでしょうね。今週末9/14(土)、15(日)は富士スピードウェイにてフェラーリレーシングデイズ富士2014が開催されます。そこでもこのラ・フェラーリは披露されるのではないでしょうか。

次はマクラーレンP1です。これも大変珍しい車で、プライス1億円が表示されていました。写真で見たとおり、形が一般的なロードカーとはかけ離れていました。
DSC02727.jpg

屋内展示はあとBMWi8があり(これも現代のスーパーカーですが)、レースカーではトヨタTS030がありました。スタジオ27キットの組立用にかなりの枚数の写真を撮りました。この車に乗ったS・ブエミとA・デビットソンは良いドライバーキャリアを積んでいると思います。
DSC02748.jpg

小雨になるのを見計らい屋外展示車を見ました。フェラーリ458スペチアーレ、これも限定車だったと思います。松田コレクション所有車でしょうか。
DSC02760.jpg

フェラーリF12ベルリネッタ、もはやフェラーリエンブレムが無ければフェラーリには見えない車です。それでも格好良いのは間違いありません。フジミでキット化されていますね。
DSC02761.jpg

ランボルギーニ ウラカン、まだ現在では珍しいと思います。写真では所詮ミニアヴェンタドール…と思っていましたが、実車はアヴェンタドールとは違った存在感があり好きになりました。ヘッドライトのデザインも釣り目でいかついです。今後プラモデルキット化されるでしょうか。
DSC02762.jpg

ご存知ランボルギーニ アヴェンタドール、でっかい車です。
DSC02766.jpg

アルファロメオ4C、最新のアルファロメオプロダクションモデルです。初めて見ましたが、アヴェンタドールの隣ではさすがにかすんでしまいます。軽量ですからロータス エキシージのようなモデルです。国内アルファロメオ正規ディーラーではしばらくジュリエッタとMiToの2車種しか扱っていない寂しさだったので、この4Cで起爆されれば良いですが。
DSC02769.jpg

マセラティ グランカブリオスポーツ、鮫のようで格好良いです。
DSC02771.jpg

「青い車」が好きな次女と共にロータス エキシージSロードスター、
DSC02772.jpg

マクラーレン650S、実質的にMP4-12C後継車です。個人的にはMP4-12Cのほうが好きですが。
DSC02775.jpg

ジャガーFタイプ、フェラーリエンブレムがあれば間違い無くフェラーリに見えます。英国車にこだわりの方が乗るんでしょうね。
DSC02776.jpg

以上が個人的に気になった展示車ですが、この中ではウラカンが新しく、珍しく、良かったです。展示車両を提供したオーナー、ディーラーは車が雨にさらされて気の毒に思いました。

このCGフェスタ2014は、大人向けのスーパーカーフェスティバル、と言った感じで大変良かったです。残念だったのは天候、たった一日のみ開催、そしてポルシェの展示が寂しかったことです。あとポルシェ918が加われば、最新スーパーカー展示として完璧だったと思います。

アオシマ 1/24 ランボルギーニムルシエラゴ R-SV 2010 GT1の製作1 [アオシマ ムルシエラゴ GT1]

子供達の新学期が始まり、いつもの生活に戻ってきました。

以前静岡オートモデラーの集いの代表・小林さんが自身の作品を前に、「あと少しで完成なのに製作意欲が無くなってしまってね…」とおっしゃっていたことを思い出します。最近の私がそうでして、タミヤのデスモセディチGP4もパイピングさえすれば完成のように思えますが、実車のパーツが再現されていなかったり、実車との相違点があったりして、製作モチベーションがダウンしてしまいました。また意欲が湧いたらGP4に戻ります。

9/28(日)第8回静岡オートモデラーの集いまで1ヶ月を切りました。もう1台見せられる状態にしたいと思い、迷った末にアオシマ 1/24 ランボルギーニムルシエラゴ R-SV 2010 GT1 Spa #25のキットを購入、製作することにしました。腕時計カラーリングが格好良いです。
DSC02716.jpg

1/24 スーパーカーシリーズNo.14 ランボルギーニ ムルシエラゴ R-SV 2010 GT1 Spa #25

新品価格
¥3,263から
(2014/9/1 22:41時点)




中身は部品数が多く、元通りにしまうのに苦労することからフジミのエンスージアストシリーズのようです。しかしこの部品数の多さは、以前に発売したムルシエラゴ LP670-4 SV、ムルシエラゴ R-SV 2010からGT1レース仕様とする追加パーツのためで、使用しないパーツも多々あります。部品分割も多く、今の射出成型技術であれば一体成型でも十分可能でしょうが、これも当初からこのようなバリエーション展開を前提にしてのことと思います。

1/24スーパーカーシリーズNo.09 ランボルギーニ ムルシエラゴ LP670-4 SV

新品価格
¥2,800から
(2014/9/1 22:51時点)



1/24 スーパーカーシリーズNo.11 ランボルギーニ ムルシエラゴ R-SV 2010

新品価格
¥3,300から
(2014/9/1 22:52時点)




9、10、11月は気候も良く、運動会や行楽イベントが多くあります。製作時間の割き方、時間の使い方に気をつけないと、とても9月末には完成できないでしょう。注意します。

ブログ完成作品の譲渡希望および 製作代行・製作依頼については ブログのコメント欄よりお問合せください。
模型ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。