So-net無料ブログ作成
検索選択
ショップ ブログトップ

6/23 スタジオ27 ガレージセールの様子 [ショップ]

更新頻度低く、製作ペースはスローにも関わらず、いつも見て頂きありがとうございます。総アクセス数が60万を超えました。最近は一日あたり1,000アクセス前後です。これからもよろしくお願いします。

先週6/23(土)に、藤沢のスタジオ27で開催されたガレージセールへ行ってきました。以前行った時には最寄のタイムズ駐車場へ駐車し20分くらい歩きました(結構疲れました)。今回は電車で小田急/湘南台駅まで行き、スタジオ27へ電話して駅~現地まで車で送迎してもらいました。送迎があると便利です。

スタジオ27自体は本当にガレージ、倉庫です。シャッター開けて、棚にはキット、デカール、エッチングパーツが整然と並んでいます。13時~16時のわずか3時間しか開催されないためか、常時10人以上の客がいたように思いました。
IMG_0354.jpg

今回セールの内容は、フェラーリキット全て半額(1万円)、新製品キット&通販限定キット1割引き、1/12F1トランスキット1割引、その他キット3割引、エッチング&デカールは3割引、のようでした。一番興味があったタミヤ1/12タイレルP34の1976日本GPトランスキットは1割引のみだったので購入しませんでした。

嬉しいことに、静岡ホビーショーで買いそびれたNGデカールセットがありました。マルボロデカールも多く、TABUの新品デカール買うよりこのNGデカールから代用できるものもあると思い、購入しました。NGデカールセット500円はお得です。あとはカーボンデカールを調達しました。

ガレージ内に新製品告知があり、今年のルマン優勝、上位独占した1/24アウディ2種をキット化、日本よりもヨーロッパで売れるのでしょうね。ロータス101は雨のアデレードで中嶋悟がファーステストラップ記録のトランスキット。オニクスなんて超マイナーF1まであります。BMW Z4をはじめ、GT3車両のレースデカールは多種類発売されるようです。トヨタ86の2012ニュル24時間のデカールもありました(CGMのWさんへ)。
IMG_0352.jpg

今後はヒストリックレースカーキットへも展開して行きそうです。シミラーフォードGTはデカール変えのみ、モノポストの2種は今年2012年のF1モデルです。
IMG_0353.jpg

帰りも湘南台駅まで送迎してもらいました。言い忘れたことを思い出し、送迎車内でスタジオ27へ個人的要望を伝えました。
・今年ルマンのトヨタTS030をキット化してほしい(今のところ計画は無さそう?)
・シミラーのキットはどうにも作り難い。ペスカロロジャッドはまだしも、エッチングパーツが明らかに短くなんとかしてほしい。
ふたつ目のペスカロロ付属のエッチングパーツについてはCGM(モデューロ)のWさんから以前聞いたことですが、手持ちのキットを確認したところ、確かにそうでした。残念に思いスタジオ27へ伝えました。


10/8 スタジオ27 第5回ガレージセール [ショップ]

F1日本GPが終わりました。予選位置が良かった小林可夢偉でしたがスタートの遅れが残念でした。それにしてもF1は鈴鹿を予選時1分30秒程で周ってしまうとは、異常に速いコーナリングスピード、高いブレーキ性能、空力ゆえであり、まさに異次元です。フォーミュラニッポンで1分40秒(これも十分速いですが)、スーパーGTで1分50数秒ですからね。

10/8(土)は幼稚園の運動会でした。今年の運動会は午前中には終了してしまいました。弁当を作るのが親への負担らしく、弁当持参は自由。食べて帰っても良いのですが弁当持参の家族は見当たりませんでした。子供にとっては楽しみが減るでしょうが、演目も集中し待ち時間も少なく良いように思いました。他の幼稚園はどうなのかわかりませんが、おそらく来年以降定着するのでは無いでしょうか。

このため10/8(土)は午後から時間ができ、スタジオ27の第5回ガレージセールへ行ってきました。
http://www.studio27.co.jp/

事務所と倉庫が移転し、その新しい移転先にてです。藤沢駅とは異なり、スタジオ27のある周囲は大小の工場が並ぶ工場地帯で、休みのためか歩道を歩いてる人はほとんどいませんでした。そのような静かなところにスタジオ27の看板があり、奥まった倉庫には商品がラックに整然と並んでいました。
IMG_0190.jpg

大体キットは税込み1万円~1万8千円くらい、デカールとエッチングは3割引でした。

最近発売されたアルファロメオTZ3は以前から気になっていたので、この機会に1万7千円で買いました。特別安くも無いのに買った理由は…「1万円以上お買い上げのお客様にはレジンキット1台プレゼント」となっていたからです。プレゼントのキットは1/20フェラーリF2007か1/20マクラーレンMP4-22で、マクラーレンMP4-22をもらいました。
DSC00619.jpg

この米国にも似たbuy one, get oneはうれしいサービスで、ガレージセールならではでした。

あとこんな張紙がありました。11月中旬発売予定となっているので横浜ホビーフォーラムで発売、見本展示されるかもしれません。
IMG_0188.jpg

フォードフォーカスに続くsimil Rのプラモデルキットは、フォードGT GT1 2010ルマンだそうです。フルディティールでエンジン、ボンネット内再現、ドア開閉のようです。エッチングとサスペンション用スプリングが付属して予価7560円。日本のキットにエッチングやデカールを買うとすぐにこれくらいの金額にはなるので、フルディティールGTカーなら許容できるかなぁ、という感じです。
IMG_0189.jpg

そろそろフジミ1/24カウンタックアニバーサリーを再開します。

1/24 ランボルギーニ アヴェンタドール

新品価格
¥3,818から
(2011/10/10 05:20時点)





上野オートモデリGTへ初めて行く [ショップ]

東京上野にあるオートモデリGT、http://vfkfcgt.web.infoseek.co.jp/
なかなか東京の東へ行く機会がなかったのですが、先日初めて行ってきました。

最寄り駅の東京メトロ銀座線の「稲荷町(いなりちょう)」から歩いて5分くらい、場所はわかりやすかったです。
夕方の店舗外観です。
IMG_0046 (2).jpg

プロフィニッシャーの川口信義さんがオーナーで、フィニッシャーズブランドの塗料が有名です。川口さんの作例はたびたび月刊モデルアートで見かけます。今発売中の2011/3月号ではフジミ1/20ロータス97Tを手掛けておられます。フジテレビCSの「プラモつくろう」でも以前、タミヤのMP4/4か4/5Bを製作しており、動画で製作過程を見ることができます。川口さんの「プラ成型のきれいな表面を生かす」作風は、なにかとサーフェーサーに頼る(私がそうですが)方法に対して参考になるのではないでしょうか。

店内はそれ程広くありませんが、まず多くのF1キット完成品が目に入ります。ほとんどが販売品で1/43と1/20スケール。スタジオ27といった1/20完成品で5~8万円くらいでしたでしょうか。値の張るものの完成度は非常に高い印象でした。川口さん自身の作品は少ないように思いましたが、どうやって値付けしているのか、知りたいところです。

もちろんキットも売られています。1/43のタメオ製F1はかなり数量ありました。おそらくお客さんからの買取品と思われるタメオ製キットで2000~3000円、価格的に手が届き易い、かつ車種も良さそうなもの(フェラーリF92A、ブラバムBT53、ロータス100T等)がありました。

プラモデルキットもほとんどが買取品と思われ、タミヤ1/24スケールで500~1000円程度のものが多かったです。

フジミが発売した後では珍しさが薄れたスタジオ27やクラブM等のウイリアムズFW16およびロータス97T(98Tも)の1/20レジンキットはプラモデル並みの安さで売られていました。フジミのFW16はフロントタイヤのロアーアーム位置が気になるので、エンジン作らずさくっと仕上げたい方にはこのレジンキットが良いと思います。

バイクキットはK`s WORK SHOPのトランスキットが豊富でした。また、Top studio等のディティールアップパーツ種類も多かったです。

さて店内をじっくり見渡したところ、以前ほしかったキットがたまたまありました。トレジャーハント(モデルファクトリーヒロ)製の1/20ブラバムBT55、オールメタルのキットです。実車は超車高の低いF1、ブルーとホワイトが美しいカラーです。買取品でしょうがここで見つけられてラッキー、購入しました。無駄使いにならないよういつか作りたいです。
DSC08387.jpg

・トレジャーハント 1/20 ブラバムBT55 10,000円

今回合計 10,000円

◎2011年累計 ¥17,856

恵比寿のMr.クラフトが無くなってしばらく経ちますが、いくら東京と言えども車/バイク模型のプロショップは非常に数が少ないです。そんな中、オートモデリGTのようなお店は長く続いてほしい、と思いました。


タミヤの独ニュルンベルクトイフェア発表モデル [ショップ]

タミヤが今年どんなキットを発売するか、今回の発表を楽しみにしていました。
http://www.tamiya.com/japan/cms/newstopics/470-nurnberg.html

自動車キットは意外でした。
◇ 1/24 アストンマーティン DBS
◇ 1/24 メルセデス・ベンツ SLR マクラーレン 722エディション
◇ 1/24 マルティーニ・ポルシェ935/78(1978ルマン)[再販]

個人的に1/24レクサスLFA、1/20トヨタTF109、フェラーリならば1/24フェラーリカリフォルニア(レベルですでに発売されています)、458イタリア(これから?)を期待していたのですが…。

アストンマーティンDBS、722エディションもいまさら…感があります。

あとバイクキットも無しは寂しいです。
そろそろ1/12 2009ヤマハYZR-M1があっても良いのではと思っていましたが残念です。

やはりフジミのF1シリーズやハセガワのロータス79に期待してしまいます。

第1回スタジオ27ガレージセールへ [ショップ]

藤沢のスタジオ27で本日行われたガレージセールへ行ってきました。

自宅から電車でJR辻堂駅へ。神奈川へ来て5年経ちましたが辻堂駅は初めてでした。藤沢駅並みを想像したら駅周辺は住宅ばかり。地図を見ながら徒歩で15分くらいでスタジオ27へ。ここも周りは住宅ばかりで駐車場はほとんど無く、車で来なくて正解だと思いました。バイクで来ている人はいました。

スタジオ27自体店舗を持っていないため、まさにガレージを開け、キットやデカールを外に出してのセールでした。13時過ぎに行ったらすでに5人くらいお客さんがいました。
DSC05971.JPG
外に並べたレターケースにはデカールが多数入っており、物色する人が多かったです。

ガレージの内側は、パーツとさらに大量のデカールが並べられていました。奥にはキット箱が多数ありましたが立入ることはできず探し物がある場合はスタジオ27の人に聞くスタイルでした。
DSC05973.JPG

キットは大体3割引き(HP限定品は2割引き)、パーツやデカールは3割引き、でした。昨日発売の1/20 ブラウンGP後半戦仕様も税込16,000円で販売されていました。購入はしませんでしたが。

雰囲気としては、ほとんどの人がいたるところにあるデカールの中から目当てのデカールを探しまくっている、感じです。自分もその中に紛れました。静岡ホビーショーや横浜ホビーフォーラムと比べるとスペースがあるためじっくり探しやすかったです。スタジオ27の方に具体的キットやデカールの有無を聞きやすかったのは良いです。

自分が帰る頃は15~20名くらいのお客さんがおり、帰りはスタジオ27の方が車で辻堂駅まで送ってくれました。

スタジオ27まで行ったのでモデル化してほしい車を言っておきました。過去同様な声はあったようです。
・ルマン仕様のダウアーポルシェ962C
気長に待ちます。

ヒロヨシムラ鈴鹿8耐2009優勝車発売予定!! [ショップ]

モデルファクトリーヒロのホームページを見たら驚きました。

ヨシムラスズキ鈴鹿8耐2009の発売を予定しているようです!
レインタイヤ、ヘッドライト点灯、とも書いてあります。

これで2007優勝、2008準優勝、2009優勝が揃えられますね。

今のうちに予算確保しておかないと。

早く2007年優勝車完成させます。

モデルファクトリーヒロ店舗『barchetta』オープン [ショップ]

今日はモデルファクトリーヒロの新店舗、バルケッタへ出かけました。
場所は東京都足立区。午後から出発し、電車で2時間くらいで綾瀬駅、綾瀬駅からバスで20分くらい。
真新しい店舗は、バス通り沿い、かつバス停の近くで、すぐにわかりました。

入り口は自動ドア(楽です)、中に入ると右側がキット山積み陳列スペース、左側がレジ&カフェカウンターです。右向かいの壁の展示スペースにはF1、GT、バイクのヒロおよびスタジオ27の完成品が約200、きれいに展示されていました。他壁にはジョー・ホンダ氏の写真、ヒロのアフターデカール&パーツがあります。

展示スペースには私が製作しているヨシムラ8耐2007も飾られており、パイピング、ケーブル類の取り付けが細かく目を惹きます。私は、持っているバイカーズステーションの写真からはここまで細かい配線はわからないな…と思いました。

お店でヒロの製作者の方と話すことができました。その方曰く、ヨシムラのファクトリーに行き撮影した資料を元に配線をした、とのこと。配線はヒロ製(ケーブル径2種類のように見えました)、熱で収縮するチューブ(ヒロ製ではない)も一部使用とのことでした。その後、ヨシムラファクトリーでの実車写真をモニターで見せてもらいましたが、各パーツや組み付け前後の様子まで、とにかく数が膨大でした。フレームやバッテリー周りの写真も豊富で配線ケーブルやコネクターもよくわかりそうです。

2007年8耐が終わった後に、ヒロからヨシムラへモデル化したいとコンタクトしたところ、吉村さんは快諾しすみずみまで写真を撮らせてくれ、キットの完成品は吉村さんへも寄贈したとのこと。

いざモデル化となると、膨大な写真でも細部が網羅されていないことがあるようです。大まかには採寸するそうで、その寸法と写真から、3D CADで作図(モデリング)、CADデータから3次元造型機で積層して立体化、立体化パーツを基に型を作製、型に樹脂やホワイトメタルを流し込んでパーツ化、しているとのことでした。

またこの店舗の2階を、ヒロキットの製作スペースとして開放し、製作教室や組立アドバイスもしていきたい、とお店の人はおっしゃっていました。レジン&メタルキットは敷居が高い感じがするので、これはファンを広げる良いアイデアだと思います。

いろいろ話を聞かせてもらい、せっかくだからオープン記念にキットをひとつ購入しよう、と考えていたら2時間経ってしまいました。

そのオープン記念限定キットですが、6つ用意されていました。
そのうち最後までどちらにするか悩んだのは、
・2005 モナコ No.14&15
・2009 イギリス No.14&15
のふたつ。共に現時点(ドイツGP終了時)F1で最も強いであろうチームの、2005モナコは超有名SF映画のスポンサーカラー、2009イギリスはアヒルかカモノハシのくちばしのようなノーズを持つアップデートバージョンでセバスチャン・ベッテルが優勝したマシンです。

結局、2005 モナコにしました。これこそチーム+SF映画の版権上、公には販売されないモデルと思ったからです。
空力制限が厳しい今年2009年よりもそれまでのエアロパーツ満載のほうが格好良いです。

あと店舗購入者にサービスで、開店記念デカール(ヒロ製キットには、セナ、ラウダ、ピーターソンのヘルメットデカール)をくれました。ささやかですがうれしいです。

往復で約5時間かかりましたが、はるばる新店舗まで行ったのは良かったです。

セールはもうしばらく続けるそうなので、みなさん店舗を訪ねてみてはいかがでしょうか。
ショップ ブログトップ
ブログ完成作品の譲渡希望および 製作代行・製作依頼については ブログのコメント欄よりお問合せください。
模型ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。