So-net無料ブログ作成
検索選択
新製品 ブログトップ

静岡ホビーショー2012の発表モデル等 [新製品]

ようやく依頼品が完成し、依頼者殿への発送が完了しました。ほっとしています。

長らくブログを更新しておりませんでしたがその間も多数アクセス頂き、ありがとうございます。もうすぐ3年になりますが先日50万アクセスを超えました。

さて来月の静岡ホビーショーでの新製品プラモデルが出揃ってきました。個人的注目モデルを記します。

タミヤは、1/24 トヨタ86と1/24 BRZです。2月のオートモデラーの集いin横浜では、「タミヤは新規金型で1/24を発表するがレースカーでは無い」と聞き、結果本当(事実)でした。最近のキット価格からして、エンジンが再現されるかはわかりません。

あとタミヤは、1/24 レクサス LFA クリヤーバージョン があります。シャシー、足回り、エンジンが、完成後もクリアーパーツ越しに見えるモデルなのでしょう。なんども書きますけど、タミヤはF1をはじめとするレースカーの新モデルを今後出す気はあるのでしょうか。

アオシマの1/24 トヨタ86には驚きました。自動車メーカーと模型メーカー間の守秘や、国産車でモデル化する車種候補を考えると、バッティングもやむなしですかね。1/24 GT-R 2012モデルのモデル化は嬉しいです。

アオシマでさらに驚いたのは、1/24ランボルギーニ アヴェンタドールです。半年前にフジミがモデル化しています。ただしアオシマは、ドア開閉可動、エンジンフード開閉、価格もフジミより安価らしいです。ドア開閉を可動としているのは大きく、スーパーカー好きには大変気になるモデルです。今回の発表で個人的には一番欲しいモデルです。

ハセガワはハセガワブランドとしては新設計オートモデルは無いですが、レベルの1/24 フェラーリ599GTOが控えています。実車は599後継のフェラーリF12がすでに発表されておりもう少し早いモデル化ならばと思いましたが、GTOを名乗る車のモデル化は嬉しいです。

フジミは静岡ホビーショーへは不参加とのことですが、相変わらずハイペースでオートモデルを出してきます。5月の1/20ザウバーC30、7月のマクラーレンMP4/12C GT3には期待しています。

結局今後も欲しいモデルがたくさん発売予定で、部屋には積まれるいっぽうです。先日長女に電子ピアノを購入したので、スペースを作るためにも、組立予定の無いキットは処分しなくては…と思っています。


イーグルモス『週刊 NISSAN R35 GT-R』 1/8スケールGT-R発売 [新製品]

現在テレビCMで流れており気になりました。

『週刊 日産R35 GT-R』と銘打って、1/8スケールの現行GT-Rを完成させてゆくものです。1/10から発売のようです。
http://www.gtr-collection.jp/

1/8スケールですので完成時には全長約60センチにもなります。大きさだけに細部再現&フル開閉に加え、ライト類点灯、窓開閉、リモコンキー等、ギミックも豊富です。GT-R実車のCADデータ使用らしく、ボディフォルムや部品形状は実車そのものなのでしょう。

イーグルモスという聞き慣れない会社はイギリスの会社で、本国では007のアストンマーチンDB5の1/8モデルを刊行していました。
http://eaglemoss.com/

いつものごとく、問題は価格と期間です。ホームページには何号で完結するのか見つけることはできませんでしたが、どうも全100号の予定のようです。
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20120105_502631.html

総額を計算しますと、
1,790円×100号-1,790円+790円 = 17万8千円!
になります。

しかも期間が週刊で100号ですから約2年です。

1/8スケールの塗装済み+ギミック付きGT-Rが17万8千円、これが高いか安いかは各個人の判断ですが、2年後には社会状況や好みも変わってくるでしょうし、他にほしいモデルも必ず出てくるでしょう。

余裕があれば欲しいモデルに間違いありませんが、デアゴスティーニの週刊トヨタ2000GTと同様、リアルタイムで購入することは無いですね。

それよりも今後ネットオークションで出てくるであろう、デアゴスティーニの週刊マクラーレンMP4-23(1/8スケール)、こちらのほうが気になります。



デアゴスティーニ『週刊トヨタ2000GT』全65回など注目の大型モデル [新製品]

デアゴスティーニの大型カーモデルが報じられており、私も記したいと思います。

エンツォフェラーリ、マクラーレンMP4-23に続いて、次は1/10トヨタ2000GTです。良い車種選択と思います。流麗なトヨタ2000GTの大型、精密モデルとなると欲しくなりますよね。
http://deagostini.jp/tgt/

マクラーレンMP4-23で気になったボディ塗装(シルバー)も白ボディのトヨタ2000GTならば気にならないでしょう。おそらく塗装も必要無いでしょうし、取説どおり組立てて行けば誰でも完成できるモデルかと思います。

昨年のマクラーレンのときも記しましたが問題は価格です。初回は790円、2回目以降は1,790円ですから、
790円+64×1,790円= 115,350円
がかかります。一月4週としても月7,160円、これが許容できるかどうかです。結局これであきらめるケースが多いと思います。組立て無いならば保管場所の確保も大変です。

1年遅れても良いなら、全号揃った以降ネットオークションで落札するのが賢いかもしれません。発売後相当時間が経たない限り、定価以上になることはまず無いと思ってよさそうです。来月でマクラーレンMP4-23は全65巻が揃います。マクラーレンMP4-23が欲しい方は来年ネットオークションでの購入が狙い目です。

他にもビッグスケールで気になるのは、モデルファクトリーヒロの1/12ロータス79があります。もうすぐ発売になります。
http://www.club-barchetta.com/

1/12ならではの細かい部分や、配線、配管に期待しています。配線もリアルなものが複数種類用意されれば良いのですが。予定価格は63,000円、川崎のリアクトなら2割引の50,400円で購入できるかもしれません。
http://www.react-co.jp/

このヒロのキットの問題点は完成させる技量&根気です。来年の静岡ホビーショーのクラブ展示で見られるでしょうか。

あとはホビーフォーラムで限定発売された、ヒロの1/12フェラーリF10です。今後発売されるか、価格はホビーフォーラム時の42,000円からは上がるようです。

いずれも興味ありますが、まずは様子見、結局は購入しないかもしれません。羨ましくて以上を記しているのであって、すでに購入された方はそれぞれの楽しみを伝えていただけたらと思います。なかなか展示会等ではデアゴスティーニの完成を見かけませんが、どなたか来年は静岡ホビーショーのクラブ展示で展示してほしいと思います。


タミヤ1/24レクサスLFA タミヤフェアにて発表 [新製品]

11/20、21に静岡にて開催されるタミヤフェア。時間があったとしても21日の横浜ホビーフォーラムへ行くのでもともと行く予定はありません。タミヤフェアでの発表モデルが公開されました。
http://www.tamiya.com/japan/tamiyafair/newitems_index.htm

スケールモデルの車&バイク模型を抜粋します。

1/12 ヤマハ YZR-M1 '09 フィアットヤマハチーム エストリル エディション
1/20 チーム ロータス タイプ 78 1977 (エッチング付) 
1/24 レクサス LFA 【仮称】
1/20 タイレル P34 1977 モナコGP #3 (完成品)
1/12 フェアレディ 240ZG (スポット再販)
1/24 VW ゴルフ レーシング Gr.2 (スポット再販)
1/24 ルノー 5(サンク)ラリー仕様 (スポット再販)
1/24 フォルクスワーゲン カルマン・ギア クーペ 1966年型 (スケール限定)(スポット再販)
1/24 シトローエン 2CV (スケール限定)(スポット再販)  
1/24 フィアット500F (スケール限定)(スポット再販)  
1/24 フィアット アバルト 695SS (スケール限定)(スポット再販)  
1/24 アルピーヌ A110 1600SC (スケール限定)(スポット再販)  
1/24 アルファロメオ ジュリア スプリント GTA (スケール限定)(スポット再販)

注目は、唯一の新規モデル、1/24 レクサス LFA 【仮称】ですね。ようやく出してくれたか、という感じです。

実車はもてぎのsuperGT会場で展示されていました。
DSC07747.JPG

superGT会場にはIS-Fもありました。今まで2回、富士スピードウェイフルコースでのIS-Fプロドライバーによるドライブ同乗を体験したことがあり、あまりの速さに驚嘆した車です。フジミから1/24ISが出ていますがIS-Fはいっこうに出ず。改造してIS-F作りたいな…と思っています。よい写真で無くすみません。
DSC07773.JPG

デアゴスティーニ『週刊マクラーレンMP4-23』全65回 [新製品]

テレビを見ていたら、デアゴスティーニの宣伝を見ました。

なんと『週刊マクラーレンMP4-23』で、10/5(火)創刊、1/8のマクラーレンMP4-23の組立キットです。
http://deagostini.jp/mcl/

2008年ハミルトンチャンピオンを獲得した車で、2009年以降はエアロパーツが大きく制限されたため、エアロパーツてんこ盛りの最後の年の車です。昨今のF1キット化では順当な選択かと思います。

完成すると全長60cmの巨大なモデル。下のページを見ると非常に細かい部分まで再現してありそうです。キット化が京商も精密さが期待できます。
http://deagostini.jp/site/mcl/pretop/index.html

良いなあ、週刊フェラーリエンツオも買わなかったし、今度は買ってみようと思いましたが…。
ここは冷静に、誰でも試算したことがある(でしょう)キットの総額を出してみました。
キットは全65号、創刊号は890円、以降は1790円ですので、

890円+1790円×64号 = 115,450円

になります。期間は65週ですから約1年3ヶ月、一月あたり約7700円で分割購入するのと同じです。
やっぱり高価ですよね。4000円のプラモデルと必要塗料、材料が毎月買えるくらいですから。

本当にほしいならば全号揃ってから、ネットオークションで落札するのも手です。週刊フェラーリグランツーリズモ(エンツオ1/10組立キット)も今なら半値くらいで買えそうです。もしネットオークションに無ければ、バックナンバーで全号購入できると思います。エンツオ65号全号バックナンバーで揃っていました。
http://deagostini.jp/backnumber/key_search.php?title_code%5B%5D=FGT&mode=disp&submit.x=76&submit.y=17

初めてのF1精密キットのようで、お金があれば購入したいものの、上の理由で見送ると思います。どんな資料が付くのかも大いに興味があるのですけどね。

デジタルフォトフレーム付きインテリアホン(シャープOEM品) [新製品]

模型話題では無いのですが…。

今まで使用してきた固定電話(子機)が駄目になってきたようで、今年春からずっと固定電話機を探していました。そうしたらシャープ製のデジタルフォトフレーム付き固定電話があることを知りました。
http://www.sharp.co.jp/in-phone/index.html

この電話機は本体にデジタルフォトフレームが内臓されているのです。私はデジタルフォトフレームを持っておらず、これならば一度に電話機とデジタルフォトフレームが入手できます。さらに本体にはファックス送受信機能もあり(いまさらファックスなんて…ですが)、ファックスの無い我が家には何かと便利そうだなと思っていました。

しかし価格が当然のことながら高く、躊躇してました。だいたい価格.comでは2万円弱になっています。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000053457/

SHARP インテリアホン コードレス電話機 デジタルフォトフレーム 子機1台タイプ ワイド7型カラー液晶搭載 ホワイト系 JD-7C1CL-W

新品価格
¥20,400から
(2010/10/1 22:48時点)




すると8月末に他社から全く同じ形の電話機が発売されたことを知りました。Toffyのインテリアホンというものです。ネットの書き込み欄を見るとシャープのOEM品で中身はシャープ製と全く同じもの、とのことです。

それで価格が、なんとアマゾンで送料込み9980円!待った甲斐がありました。9月中旬に購入し使用しています。色はブラウンです。
DSC07586.JPG

使用感です。最初はもう少しフォトフレームの解像度があれば…と思いましたがスライドショーで写真が変わりますし、それ程気にならなくなりました。電話機本体の操作はすべてタッチパネルです。本体では通話はできませんが電話をタッチパネルでかけることができます。ナンバーディスプレイに入り、番号=名前を登録しておけば、着信時に名前がコールされます。これは小さい子がいる家庭には「ばあば」「じいじ」からの電話とわかるので便利です。ファックスはまだ使ったことがありません。受信したファックスは画面で閲覧できるようです。

取説には「シャープ」の文字があり、シャープOEM品に間違いありません。シャープではブラック、ホワイトの2色に対し、こちらはホワイト、ブラウン、ピンクの3色があります。

元のシャープの電話機は発売から1年以上経過しそろそろモデルチェンジ時期のため、大量の在庫をOEM品に回したのかもしれません(想像です)。そうだとしても、これが1万円を切る価格ですから、コストパフォーマンスは非常に高いと思いました。

ウチは子供の写真ばかりですが、本当は車、バイクレースの写真、模型完成品を収め、ゆっくり眺めたいところです。

Toffy インテリアホン シュガーホワイト TF41-IP-SWH

新品価格
¥9,980から
(2010/10/1 23:14時点)



Toffy インテリアホン ショコラブラウン TF41-IP-CBR

新品価格
¥9,980から
(2010/10/1 23:15時点)



Toffy インテリアホン チェリーピンク TF41-IP-CPK

新品価格
¥8,980から
(2010/10/1 23:15時点)



静岡ホビーショー2010発表 車バイク模型 [新製品]

来月は静岡ホビーショーが開催されますが、だんだん発表の新製品が判明してきました。

車、バイク模型で注目商品をリストアップします。

・アオシマ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP400
・アオシマ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP400専用エッチングパーツ
・アオシマ 1/24 オートザム AZ-1
・アオシマ 1/12 スズキ RG250Γ
・アオシマ 1/12 Honda CBX400F モリワキ仕様
・フジミ  1/20 FW14B イギリスGP
・フジミ  1/20 FW14B専用エッチングパーツ
・フジミ  1/20 FW16 ブラジルGP
・フジミ  1/12 スズキ GSX-R750 ヨシムラ 1986年TT-F1仕様
・フジミ  1/12 Honda モンキー(2009年)
・フジミ   1/24 フェラーリ458
・フジミ   1/24 フェラーリ458専用エッチングパーツ
・フジミ   1/24 ABARTH FERRARI695
・フジミ   1/24 レクサス HS250h
・ハセガワ 1/20 フェラーリ 312T 1976 ブラジルGPウィナー
・ハセガワ 1/20 ロータス79 1978 ドイツGPウィナー
・ハセガワ 1/20 ロータス79用エッチングパーツ
・タミヤ   1/20 ロータス タイプ79 1978
・タミヤ   1/20 ロータス タイプ79 1978エッチングパーツ

驚いたのは、フジミのスズキGSX-R750ヨシムラ 1986年TT-F1仕様ですね。
価格は高めですがヨシムラのレース車両ですからファンにはたまりません。

アオシマのLP400も、現在の金型技術でのキットでしょうから、期待できます。
カウンタックの決定版キットとなるでしょうか。

フジミのフェラーリ458、順当ですね。実車はF430後継車種です。
フジミには599XXか599GTOを秋に発表してほしいものです。

ロータス79はハセガワか、タミヤか、どちらを買うか。
両方買って、それぞれアンドレッティ車とピーターソン車を作るのも面白そうです。

今回の情報源はここです。↓
http://hobbyworld.aoshima-bk.co.jp/scripts/hw/yoyaku-hs.aspx

安く確実に買うのは予約でしょうから、どれを予約するか、迷います。

新製品 ブログトップ
ブログ完成作品の譲渡希望および 製作代行・製作依頼については ブログのコメント欄よりお問合せください。
模型ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。