So-net無料ブログ作成
検索選択
童友社 レヴェントン ブログトップ

童友社 1/43 ランボルギーニレヴェントンの製作3 完成 [童友社 レヴェントン]

何年ぶりかに引っ張り出したこのキットを完成させました。

目立つヘッドライトバルブ(レンズ)には、ウェーブのH・アイズミニ(クリア)から適当なサイズを使用しました。
DSC04275.jpg

このキットはサイドウインドウが無いのです。塩ビシートから作ろうとも思いましたがリタイヤしました。前後輪のシャフト受けを削り、1~2mm程度車高を下げています。
DSC04274.jpg

内装はレッドとブラックのツートンカラーです。
DSC04280.jpg
DSC04256.jpg
DSC04259.jpg
DSC04263.jpg
DSC04260.jpg

このキットを暫く放置していたのは、テールランプをどう再現するか悩んだからです。結局アルミテープから適当なサイズを切り出し貼付、その後エナメルのクリアーレッドで色づけしました。透明カバーはジャストフィットしました。
DSC04262.jpg
DSC04268.jpg
DSC04271.jpg

エンジンパーツはキットでの2部品再現のままです。筆でシルバーを入れました。
DSC04267.jpg
DSC04273.jpg
DSC04283.jpg

ウェーブの1/43用ケースにカーボン調のカッティングシートを貼り、モデルをネジ2本で固定しました。
DSC04284.jpg

このキットは安いと600円台で購入でき、値段の割りに出来が良いです。組立精度も普通に高く塗装に集中できるため完成すれば非常に格好良いモデルとなります。

イタリア製のMRコレクション等の1/43メーカー完成品にどこまで近づけるかですが、所詮これはプラモデルキットですからパーツ数も少ないためどうしても細部の再現は甘くなります。この点ではレジンの1/43メーカー完成品のほうが遥かに上だと思いました。この童友社のキットの勝る点はボディフォルム全体のシャープさです。イタリア製ミニカーは塗膜がかなり厚いようで、一方プラキットはそれよりも塗膜を薄く済ませることが可能です。

1/43レジンキット価格の約10分の1で入手できることを考えれば、この童友社のキットはそれなりに良いと思いました。

童友社 1/43 ランボルギーニレヴェントンの製作2 [童友社 レヴェントン]

フジミの来月1月発売キットが公開になりました。

フジミ 1/20 ザウバーC31 スペインGP (プラモデル)

フジミ 1/24 メルセデスベンツSLS AMG GT3 PETRONAS SYNTIUM (プラモデル)

フジミ 1/24 マクラーレン MP4-12C GT3 マカオGP Gulfマリーン #21 (プラモデル)

フジミ 1/24 フェラーリ F12 ベルリネッタ DX (プラモデル)


なんと言っても注目は1/20 ザウバーC31がキット化されることです。第1弾はスペインGP仕様とのことですが日本GP仕様もいずれ発売されることでしょう。

GT3カーにSLS AMGが追加されるのも嬉しいです。マクラーレンMP4-12Cは人気の2011ガルフカラー仕様のようです。私はスタジオ27デカールで既に製作しましたが別売デカールは2000円以上します。同等のデカールが付属するのであればお買い得感があります。

最近発売されたばかりの 1/24 フェラーリ F12 ベルリネッタ 、ほしいと思っていた矢先にDX仕様発売とはこれも惹かれます。

フジミは来年も飛ばしそうですね。これら1月発売予定(2月にずれ込むだろうことは承知済みです)の分だけで、来年の静岡ホビーショーくらいまで楽しめそうです。

さて1/43レヴェントンですが、ボディの研出しを終えました。
DSC00045.jpg

タミヤのブライトマイカレッドは光が当たる部分メタリックに見えます。
DSC00046.jpg

ウレタンクリアーですがそこそこシャープに研ぎ出せました。
DSC00047.jpg

下地シルバーが見えてしまった箇所があるので、これから修復します。


童友社 1/43 ランボルギーニレヴェントンの製作1 [童友社 レヴェントン]

いよいよ2012オートモデラーの集いin名古屋の開催が迫ってきました。
11/25(日) 10:00~16:00
トヨタ博物館 新館1F 大ホール会議室
名古屋は作品レベルが高いと聞きますし、私も近くならば参加、見学したいのですが…。愛知県内のオートモデル限定の展示会では最も規模が大きいことでしょう。お世話になっております静岡オートモデラーの集いメンバーも多数参加予定です。

さてホビーフォーラム後の模型は軽いものから始めたく、童友社 1/43 ランボルギーニレヴェントンに着手しています。2年前に発売されたプラモデルで、価格の安さ、作りやすさ、ボディフォルムには定評があります。
DSC02918.jpg

ランボルギーニ レヴェントン (1/43 エクセレント プラモデル)

新品価格
¥630から
(2012/11/19 23:05時点)




ボディにパーツを取り付け、スジを深く掘りなおした後、サーフェーサーを吹きました。今回はメタリック系レッドのボディ色としたいために、下地代わりに初めてガイアノーツのサーフェーサーエヴォシルバーを使用しました。
DSC02920.jpg

シルバーなので下地隠ぺい力は高く、下地キズを隠す効果は高そうです。塗膜表面粗さは個人的感覚では500と1200の間のようで、本塗装前には1000~1200番ペーパーで軽く表面をやすったほうが良さそうです。

GS-06 サーフェイサー エヴォ シルバー 50ml 【HTRC 3】

新品価格
¥130から
(2012/11/19 23:17時点)




ボディサイド上、両側のダクトカバーは別パーツになっており、ボディとの段差がなくなるようペーパーで削りました。写真の黒い部分が別パーツです。
DSC02921.jpg

普通このパーツを作るならば平板にピン(ダボ)程度の作りかと思いますが、パーツ周囲が段になっていてボディとしっかり取り付けできるような作りになっています。それでもボディとは若干段差が生じますが、安価なキットとは言え、パーツ作りにも工夫が見られます。
DSC02922.jpg

ボディ色にはタミヤスプレーのブライトマイカレッドをエアブラシで吹きました。タミヤ1/20フェラーリF60の指定色であり、どのような色なのか、確認したかった意味もあります。下地をシルバーとしたためか、以前のF187、F189と比べて濃い赤になりました。その後、エンブレムデカールを貼った後、ウレタンクリアーを吹きました。
DSC02929.jpg

タミヤスプレー No.85 TS-85 ブライトマイカレッド 85085 【HTRC 2.1】

新品価格
¥441から
(2012/11/19 23:29時点)




来るタミヤ製F1新製品に向けて、サクッと完成させたいです。

童友社 レヴェントン ブログトップ
ブログ完成作品の譲渡希望および 製作代行・製作依頼については ブログのコメント欄よりお問合せください。
模型ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。