So-net無料ブログ作成
検索選択
Heller DS3 WRC ブログトップ

エレール 1/24 シトロエンDS3 WRC 2012 の製作9 [Heller DS3 WRC]

F1 ブラジルGPと共に今年のF1サーカスが終了しました。2004年のM.シューマッハと並ぶ年間13勝のS.ベッテル+レッドブルRB9。今年2013年を圧勝したこの車をどこかプラモデルキット化しないのでしょうか。2004年圧勝のフェラーリF2004も未だにプラモ化はされていません。F1史に残る車が必ずしもプラモ化されないのは寂しい気がします。ベッテルにしてももう一度で5度のワールドチャンピオンです。そうなればシューマッハの7度超えも夢ではなく、歴代ベッテルF1をモデルで揃えたいと思うファンは多いと思います。常識的に考えるとF1で今キット化するならばRB9と思いますが、今後の模型動向はどうでしょうか。

完成直前になると製作モチベーションが下がることがよくあり、エレールのDS3も製作途中でしばらく放置していました。今後の新キット発売までに完成させようと思い、久しぶりにDS3を触りました。

室内を完成させました。ホビーデザインの専用エッチングを使っています。シートベルト帯も金属製(真鍮シート)で、これをエッチングのバックルに通し、シートにセットするのに苦労しました。
DSC01325.jpg

もうこの形式のシートベルトは使用したくありません。やはり金属バックルにサテンリボンが良いと思いました。
DSC01329.jpg
DSC01323.jpg

スペアタイヤのベルトは効果的です。このベルトもエッチング製で、帯だけレッドを塗装しました。
DSC01321.jpg

実車写真が無くよく分かりませんが、スペアタイヤはロールバーからのベルト+ワイヤーでも固定されているようです。これもエッチングです。
DSC01333.jpg

あとボディへエッチングパーツを取り付ければ完成します。

エレール 1/24 シトロエンDS3 WRC 2012 の製作8 [Heller DS3 WRC]

GW期間中にテレビ観戦したレースに、WECスパ6時間がありました。変則的な5/4(土)決勝、日本への中継が同日21時半から27時半の6時間でした。

最高峰のLMP1クラスは、ブロウンディフューザーシステムを搭載し速さがあるアウディと、同システム搭載を見送った(らしい)が燃費の良いトヨタの面白いレースでした。トヨタ7号車のラピエールと中嶋一貴の走りもよく、3時間経過で7号車トップを確認してその日は寝ました。次の日にレース結果を見ると、その後7号車はリタイア、アウディの1,2,3フィニッシュでした。両陣営とも本当にほしいのは来月のルマン24時間のタイトルでしょうから、トヨタにとっては、トラブルの洗い出しができたことと燃費ではアウディよりも勝ることが確認できて良かったのではないでしょうか。

小林可夢偉選手の結果については6台のレースですし特にコメントありません。同じフェラーリのフィジケラ組が幾度かペナルティをもらっていたのに最終的に優勝とは…と思いました。今年の半分が終わるルマン以降に来年のWECドライバーラインナップもはっきりしてくると想像します。トップシークレットと言われているLMP1クラスのポルシェAG(ワークス)にマーク・ウェーバーが加入するのか、実質的に来年F1は厳しいと思う小林可夢偉がLMP1(トヨタ?ポルシェ?アウディ?)に乗る可能性があるか、気になります。

静岡ホビーショーが来週末に迫りました。GW期間も製作を進めました。

シトロエンDS3 WRCはロールケージを組みました。最上部はシートベルト取り付け後に接着します。
DSC00498.jpg

スペアタイヤ上には後でエッチングの固定ベルトを取り付ける予定です。
DSC00499.jpg

シートベルト(エッチング)の取り付け途中です。
DSC00501.jpg

エッチングのシートベルトは取り付けが難しいです。シートベルトへは、バックルを通す前後の、いつ塗装したら良いかがよくわからないからです。今回はバックルを通す前に赤で塗装していますが、当然取り扱っているうちに塗装が剥がれる箇所があり、最終的にはタッチアップするしかないです。

5/12(日)に4作品とも完成し、ゆっくり5/18(土)ホビーショー開催を迎えたいです。

エレール 1/24 シトロエンDS3 WRC 2012 の製作7 [Heller DS3 WRC]

いつもアクセスありがとうございます。今年のGWでこのブログを始めてちょうど4年になり、アクセス数7ケタ(100万)到達が目前です。

ルーフモール、ウインドウモール、ワイパー取付け部分をセミグロスブラックで塗りました。写真1枚だと労力が伝わりませんがマスキング後の塗装です。ルーフのエアスクープのフランス国旗カラーは、キットのデカールを使わず、これも塗装です。下地は白、クレオスのコバルトブルー、イタリアンレッド+シャインレッドの混色を使用しました。
DSC00410.jpg

ウインドウのモール部分については、ウインドウを合わせると内側奥まではっきりと見えてしまうので、しっかりセミグロスブラックで塗装しました。
DSC00411.jpg

ここまでできるとシャシーと合わせてみたくなります。キットはシャシー前後でしっかりボディに固定されるような作りです。車高はフロントが若干高い気がしますが、おかしくも無いのでこのまま進めます。
DSC00403.jpg

最近はボディ内部を、研ぎ出しの途中で艶消し黒に塗ることが多いです。透け防止のためですが、研ぎ出し途中ならば塗料ミストがボディ外側に付いたとしてもその後の研ぎ出しで除去できるからです。マスキングも不要ですしね。
DSC00406.jpg

通常の上からの室内照明では、車体室内はほとんど見えなくなってしまいそうです。この後、ゼッケン等のあるウインドウを取り付けるとなおさらです。エッチングのディティールアップパーツも役に立つかどうか…。
DSC00407.jpg

明日27日(土)からGW始まります。できるだけ製作進め、静岡ホビーショーにDS3含む新作4台完成を間に合わせます。

現ロータスF1ドライバーのキミ・ライコネンがF1活動休止の2011年、WRCにシトロエンDS3で数戦出場しました。この対応デカールが現在発売されており、これを使って仕上げるのも良いなと思いました。しかし静岡ホビーショー後はF1組立再開しますけどね。

エレール 1/24 シトロエンDS3 WRC 2012 の製作6 [Heller DS3 WRC]

22日(月)昼に、佐藤琢磨選手のインディシリーズ第3戦ロングビーチでの優勝を知りました。先週の鈴鹿SFとは打って変わって素晴しい結果です。こうなったらインディシリーズチャンピオンを狙ってほしいです。もし本人自身が再度F1シートを目指すならば、インディチャンピオンになり、噂されるホンダエンジンと共にF1参戦する手段しか無いと思います。以前トニー・カナーンがSF前身のフォーミュラニッポンにスポット参戦したことがあり、そのときはあまり良くない結果だったと思いました。日本のSFとインディカーとは全く走らせる技術が異なるようです。

最近はトヨタF1参戦も噂されています。小林可夢偉がTDP出身ドライバーでありトヨタと密接な関係があるのは周知の事実です。もしこの噂が本当で、可夢偉はこの情報を事前に得ているとしたら…?と考えてみましたが、そうならばフェラーリとは契約せず、WECのトヨタレーシングと契約したはずでしょう。ですのでこの噂が本当に最近降って沸いたものと想像できます。トヨタとしては可夢偉か、昨年FNチャンピオンでWEC富士優勝実績もある中嶋一貫を供給先へ推薦したいことでしょう。あくまでトヨタがF1参戦すれば、の話です。

あとはレッドブルF1のマーク・ウェバーの来年以降の去就です。来年からWEC LMP1クラスへ参戦するポルシェと契約済なんて聞きますが本当でしょうか。アウディvsトヨタvsポルシェですから、走り甲斐はあると思います。

シトロエンDS3 WRCにはエッチングパーツを使用します。ホビーデザイン製の専用エッチングセットです。エッチングシート3枚、うち1枚はシートベルトのベルトそのものです。
DSC00341.jpg

まずはブレーキディスク、キャリバー(黒鉄色で塗装)、助手席のフットレストのエッチングを取り付けました。
DSC00392.jpg

シャシーを金属かつ重厚感あるように塗装し、足回りパーツを取り付けタイヤを履かせました。
DSC00409.jpg

せっかくのエッチングブレーキディスクがほとんど見えないのが残念です。
DSC00408.jpg

ウインドウ類はマスキング後に黒部分を塗装し、デカールを貼りました。ラッカー系クリア(クレオスのスーパークリア3)でデカールをオーバーコートし、あとで少し研ぎだします。
DSC00412.jpg

もう少しでGWですが家族サービスもありますし、静岡ホビーショーへ向けてどの程度進められるか、時間を有効に使いたいです。

エレール 1/24 シトロエンDS3 WRC 2012 の製作5 [Heller DS3 WRC]

地元にしか無いと思っていたチェーン店が近場にあったりすると嬉しくなります。

先日家族で車で買い物に出掛けた際、ブロンコビリーを見つけました。そこは相模原上鶴間店で、大変懐かしく家族で昼食をとりました。
http://www.bronco.co.jp/shop/kanagawa/kamitsuruma/index.html

今から20年程前になりますが、名古屋で大学院生の頃、同じ研究室や大学テニスサークルメンバーと、よく大学の近くのブロンコビリーにランチを食べに行ったものでした。「昼飯どうする?」「ブロンコ行く?」「車出すから行くか。」というような感じでした。肉メインのランチで、行くと必ずドリンク無料券をもらいまた行く、この繰り返しでした。行っても食事中はサークルの話ばっかりしていたと思います。ブロンコビリーは本社名古屋で名古屋では馴染みの店でした。この店を神奈川でも見つけ、今回ステーキランチを食べました。昔の記憶にあったサイコロステーキとは違いましたが懐かしかったです。
IMG_0546.jpg

この相模原上鶴間店でも帰りに人数分のドリンクバーまたはシャーベット無料券をもらい、これこそブロンコ!と思いました。大学の最寄の名古屋本山?八事?のブロンコビリーは現在の店舗リストからは見つけられませんでした。もう無くなってしまったのでしょうか。名古屋に詳しい方がおりましたら教えてください。

さて、まだまだ寒い日が続きとてもベランダ(屋外)で塗装できる状態では無いので、DS3のボディを研ぎ出しました。ウレタンクリアーコート後の手順としては、タミヤのフィニッシィングペーパー#1200→#1500→#2000で磨き、タミヤのコンパウンド粗め→普通目、で磨きました。ルーフやボンネットに映る蛍光灯はこんな感じです。
DSC00262.jpg
DSC00261.jpg

サイドも
DSC00264.jpg

わかり難いですがバンパーもしっかり磨きました。
DSC00265.jpg

この後ボディの黒部分を塗装した後に、タミヤのコンパウンド極細目で磨いて磨きは終了です。


エレール 1/24 シトロエンDS3 WRC 2012 の製作4 [Heller DS3 WRC]

今年2013年のWRC開幕戦モンテカルロラリーが終了し、またもやシトロエンのS.ローブが優勝しました。ローブはGTワールドシリーズへ自チームからマクラーレンMP4-12C GT3で参戦するため、今年WRCへは今回のモンテカルロを含む4戦へスポット参戦するのみです。モンテカルロでさらっと勝ってしまうのはさすがです。今年のシトロエンワークスのスポンサーはレッドブルでは無くアブダビだったのですね。レッドブルがスポンサーのフォルクスワーゲンも、ローブがいなければ、初参戦ながら今年WRCチャンピオンを獲得できるかもしれません。

エレールDS3のボディ類へウレタンクリアーを吹きました。
DSC00151.jpg

2液混合の扱い難さはありますが簡単に光沢を得られることから、最近はずっとウレタンクリアーコートです。
DSC00152.jpg
DSC00153.jpg
DSC00154.jpg

大型のリアウイングはWRCカーの目立つポイントでもあり、カーボン地表現として、スタジオ27のカーボンデカール綾織SSを貼りました。その後ボディと同様ウレタンクリアーを吹きました。
DSC00157.jpg

次はボディの磨きとシャシー組立を並行して進めたいです。


エレール 1/24 シトロエンDS3 WRC 2012 の製作3 [Heller DS3 WRC]

3連休の最終日1/14(月)は南関東ではほぼ一日中雪でした。家族との用事は土日に済ませたので14日(月)はどこへも外出せず、ボディへのデカールを貼り終えました。

赤牛とRedbullロゴは貼ると、DS3も勇ましく、格好良く見えます。
DSC00142.jpg

スタジオ27のシトロエンC4用デカールを可能な限り使用し、DS3特有なものはキット付属デカールを使用しました。マスキングしてフロントグリルとリップ部を黒で塗装してからデカールを貼っています。バンパー部の赤牛はC4用のため若干小さいですが、赤色発色優先のため仕方ありません。
DSC00143.jpg

サイドの赤牛はちょうどよいサイズです。ゼッケン1はキットデカールでは白色のため、黄色のスタジオ27を転用しました。ゼッケン横のTOTALはキットデカールから。赤牛の色よりも朱色っぽいですがこれも止むを得ずです。
DSC00145.jpg

ルーフのフランス国旗モチーフはキットデカールです。このエレールのデカールは硬くて大面積や曲面には非常に貼り難かったです。グッドスマイルカンパニーの強力軟化剤でもほとんど軟化しません。最も有効だったのは、半田ごて先に水を含ませた綿棒を押し当て、それでデカールを軟化させることでした。
DSC00146.jpg

リアバンパーの赤牛サイズは良いです。
DSC00147.jpg

キット付属のデカールの貼り難さには参りました。スタジオ27のデカールを使用したとしても下地透けを完璧に防ぐこともできません。せめて赤牛の下地が白なので、赤牛の発色は良くなりました。


エレール 1/24 シトロエンDS3 WRC 2012 の製作3 [Heller DS3 WRC]

ボディの塗分けを塗装で行います。

先回の赤牛マスクに続き、白で残したいルーフとサイド後ろ部分をマスキングします。
DSC00105.jpg

メインのマスキングは終了したので、カラーを吹いていきます。薄い色(下地隠ぺい力の弱い色)からが基本なので、まずイエローを赤牛の頭箇所に吹きました。イエローはクレオスのキアライエローです。
DSC00106.jpg

次はイエローを残したい部分をマスキングしてから、赤の箇所を吹きます。赤はクレオスのスーパーイタリアンレッドを使用しました。
DSC00107.jpg

続いて赤を残したい部分をマスキングします。エレールの付属デカールをコピーしたものを参考にマスキングシートから切り出したものを貼り付けます。
DSC00108.jpg

そして青を吹きます。DS3の青は何色か悩みどころです。実車写真からは、結構濃い青で、フォーミュラ1のようにメタリック色では無いように見えます。紫系かは、よくわかりません。ここはオーソドックスに、無難に、タミヤスプレーのブルーをエアブラシにとって吹きました。
DSC00109.jpg

正解かどうかはわかりませんが、名古屋ラクーンオートで扱うフランスのプロフィール24製DS3の完成写真では、青はオーソドックスなブルーのようです。
http://raccoon-shop.com/SHOP/profil24081.html

さあ今まで重ねてきた全てのマスキングをはがします。まずまずの結果でした。
DSC00110.jpg

DSC00113.jpg

赤牛部分は白のままです。
DSC00111.jpg

DSC00112.jpg

塗り終えて始めて、このDS3のボディ配色はシトロエンのフランス国旗+レッドブルのカラーなんだと気付きました。モンテカルロはルーフもフランスカラー(ここはエレール付属デカール使用します)です。

このキットの難所を越えた感じがして、ほっとしています。色の良くないエレールの付属デカールを使用するよりは、塗分けは労力はかかりますが車全体の一体感ははるかに上です。

塗装のはみ出し箇所を修正して、デカール貼りに移ります。


エレール 1/24 シトロエンDS3 WRC 2012 の製作2 [Heller DS3 WRC]

いざこのキットを作ろうとすると、デカール使用に悩みます。

キット付属デカールは、ボディ色の赤が朱色で、青が濃紺(それもかなり濃い)です。果たしてこの色が実車の色なの?と思いました。また、重ね合わせることでRedbullを再現できるようですが、これも全くイメージし難いです。塗装で色分けするならば赤牛の位置が基準になるので、これまたやっかいです。さらには版ずれも見られ、このまま使用しても良い仕上がりは期待できません。

そこで、まだスタジオ27等でDS3対応デカールも無いものの、今回はスタジオ27の1/24シトロエンC4 2010ラリージャパンのデカールを転用することにします。
DSC00095.jpg

ボディーの配色は2012モンテカルロとほぼ同じです。もちろんレッドブルのデカールもあり、赤色もエレールの朱色では無くイタリアンレッドに近いものです。レッドブルのロゴと赤牛のサイズもDS3とほぼ同じで、問題無く転用できそうです。
DSC00096.jpg

2012年のDS3は毎戦、ルーフに開催国国旗をモチーフにしたカラーリングを施していました。モンテカルロではモナコ国旗では無く隣国のフランス国旗でしょうか。このデカールだけはエレールキット付属のものを使用します。

さて、ボディの白、黄、赤、青の4色については、塗装で再現することにしました。まずボディをペーパーで仕上げた後、クレオスのベースホワイト、フィニッシャーズのファンデーションホワイトを塗ります。

その後、赤牛の部分だけをマスキングします。赤牛のデカールを発色良くするためには下地白のままが良いはずです。あと、塗分けのためには赤牛の位置が目安になるので都合良いです。

まず赤牛のマスキングを作成します。デカールをカラーコピーして、タミヤのマスキングシールシート裏面に100円ショップスプレーのりで赤牛部分を貼り付けます。
DSC00101.jpg

赤牛に沿ってはさみで切り抜きます。写真は切り取った赤牛と、白とカラー部分の境界です。
DSC00102.jpg

これをボディに貼り付けます。
DSC00104.jpg

この後カラー色を吹いていく予定です。

エレール 1/24 シトロエンDS3 WRC 2012 の製作1 [Heller DS3 WRC]

2/2オートモデラーの集いin横浜まであと1ヶ月を切っており、この出品を目標にエレール 1/24 シトロエンDS3 WRC '12を製作します。
DSC00098.jpg

フランスのエレール製です。セバスチャン・ローブにより2012年ドライバーズ&メイクスのシリーズタイトルを獲得した車です。キットは2012年モンテカルロの優勝車仕様です。DS3は1.6リッターの直四ターボ、日本車ならトヨタ先代ヴィッツターボベースのラリーカーといったところでしょうか。

ご存知のようにレッドブルのスポンサーを受けたカラーリングです。パッケージイラストではRedbullロゴは見当たらず、牛もナメクジのようになっているだけです。
DSC00099.jpg

キット付属のデカールも一見レッドブルロゴ&牛は見当たりませんが、取説を見ると複数デカールを組み合わせて貼る事により、レッドブルを再現できるようになっています。
DSC00097.jpg

同じエレールの1/24 シトロエンC4 WRC 2010ではちゃんとレッドブルを再現していたのに、2012年車ではこのようなデカールになっているのは疑問です。タミヤのRB6のデカール管理が非常に厳格であるのを見ますと、エレールのシトロエンC4ではタミヤ程の管理で無かったことから、レッドブルからエレールに注意があったのでしょうか。

ボディ形状は良いと思います。成型色は白も良いです。
DSC00051.JPG

残念なのはフロントバンパーとボンネット上のメッシュ部分の表現がモールドになっていることです。
DSC00052.JPG

エンジン再現の無いデスクトップモデルではメッシュは見せ場でもあるため、開口しました。
DSC00103.jpg

年賀状で大学時代の友人が今年から3年間フランスに赴任すると知り、急遽シトロエンDS3の優先度を上げました。フランスで完成を見てくれたらと思います。


Heller DS3 WRC ブログトップ
ブログ完成作品の譲渡希望および 製作代行・製作依頼については ブログのコメント欄よりお問合せください。
模型ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。