So-net無料ブログ作成
検索選択
ハセガワ XJR-8 スプリント ブログトップ

ハセガワ 1/24 ジャガーXJR-8 スプリントタイプの製作3 [ハセガワ XJR-8 スプリント]

4/14(日)はスーパーフォーミュラ(SF)→F1→WECと午後から深夜までレース中継三昧でした。全てライブで見られよい時代になったものです。WECは開始1時間しか見ませんでしたが…。

SFは、一週間前のsuperGT岡山で優勝した伊沢&小暮、両選手が活躍し見ごたえのあるレースでした。鈴鹿の予選ラップも1分38秒台で相当速く、コーナーリングスピードはF1並だそうです。報道でほとんど取り上げられていない佐藤琢磨選手について。予選6位はさすがですが決勝15位はいただけません。チームメイトの山本選手は競っての4位フィニッシュです。フライングスタートでペナルティを受け勝負は決まりました。フライング理由は定かではありませんが、もう鈴鹿を何回走っているの?と言いたいくらいです。

F1は多くの方が見たでしょうから、WECの開幕戦シルバーストンについて。注目の小林可夢偉&バイランダー組はクラス6台中2位でした。同チームの51号車、ブルーニ&フィジケラ組5位より上でフィニッシュできたのは良いです。しかし昨年F1に乗っていた1位アストンマーチンのブルーノ・セナのほうが目立っており、楽観はできません。2週間後のスパは可夢偉と、LMP1クラスで次は新型TS030を投入するトヨタレーシングに期待しています。

土日は風が強くベランダ塗装のタイミングが難しかったのですが、なんとか、ジャガー2台にウレタンクリアを吹き終えました。
DSC00387.jpg
DSC00388.jpg

静岡ホビーショーまであと1ヶ月。この展示会に新作として、ジャガー2台、ポルシェ962C、シトロエンDS3 WRCの計4台を持参することは決まっています。残り1ヶ月でもう1台は可能か(厳しいか)…考え中です。

ハセガワ 1/24 ジャガーXJR-8 スプリントタイプの製作2 [ハセガワ XJR-8 スプリント]

2013年のF1が開幕し、初戦は特殊なストリートサーキットではあるものの昨年のチャンピオンチームが勝てなかったのことから、マレーシアはどうなるか?楽しみです。WBCは日本が準決勝敗退で残念。あの選手緊張の場で指示があいまいなのはどうか?とも思いました…。

ハセガワXJR-8はボディへデカールを貼り終えました。
DSC00304.jpg

このハセガワ製のデカールは結構柔らかくて、ボディに密着するようMr.マークセッターを直接デカールに塗布するとデカールが柔らか過ぎ、扱いづらくなりました。Mr.マークセッターを水で薄めて使用するくらいで調度良かったです。イエローラインの下地のボディ色は白となるよう塗分けに気を使ったので、イエローラインの発色は良くなりました。
DSC00305.jpg

あとSILK CUTの文字等デカールの紫の色はタミヤスプレーラベンダーよりもわずかに濃いのですが、まあ、許容内です。

ハセガワ 1/24 ジャガーXJR-8 スプリントタイプの製作1 [ハセガワ XJR-8 スプリント]

多くの方が記しておりますが、私も記しておきます。小林可夢偉選手がフェラーリAFコルセと契約し、今年はフェラーリ458GTEでWECに参戦することが決定しました。
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=46930

F1にこだわる可夢偉選手ですから、この契約には勝手な推測ですが、「ルマンかWECでクラス優勝の際には、フェラーリF1テストの機会を得られる。」条項があるのではと思いました。

たとえ今年ルマンやWECで活躍したとしても、フェラーリ以外のF1チームからは注目されない点が厳しいです。もしフェラーリF1への道が絶たれたならば、F1参戦が噂されるホンダと共に2015年F1復帰するしか手段がないと思います。そのためには2014年はホンダと契約し、日本国内でスーパーフォーミュラとスーパーGT(GT500)の両タイトルを獲得、2014年DTMもスーパーGTと統一レギュレーションになりますからDTMとの統一戦(あくまで想像です)でも優勝、2015年はホンダエンジンと共に供給F1チームへ…もうF1へはこの道しかありません。

今年ルマンとWECに参戦するのであれば、トヨタワークスからTS-030で総合優勝を狙っても良かったと思います。それは同じTS-030に乗るレッドブルF1リザーブのセバスチャン・ブエミと単純に速さの比較ができるからです。ブエミより速い上にルマンタイトルかWECタイトルのほうが、F1チームから注目されると思うのですが。

さて静岡ホビーショー合同作品展まであと2ヶ月になりました。今年1台も完成させていないのですが、とにかく展示台数を増やすために、完成目処を立たせなければなりません。

静岡オートモデラーの集いの展示テーマ、グループC用に、ハセガワ 1/24 ジャガーXJR-8 スプリントタイプに着手します。
DSC00294.jpg

デカール余白の黄変が始まっており早く完成させたいと思っていました。このハセガワのデカールは下地が透けるので、ボディーの白と紫の境界のデカール(イエローライン)の下地を白色にしておくほうがデカールの発色が良いはずです。そのためイエローラインのデカールをもとにマスキングテープを切り出し、それをマスキングに使用しました。ボディーは下地をホワイトサーフェーサー1000で仕上げた後、全体をファンデーションホワイトを吹き、マスキング後、タミヤスプレーラベンダーをエアブラシで吹きました。マスキングテープを剥がすとこんなふうです。
DSC00289.jpg

ルーフからリアカウルに並ぶ四角形もデカールをもとにマスキングし、ラベンダーを塗りました。
DSC00290.jpg

このXJR-8スプリントはルマン仕様と異なりヘッドライトデザインが異なり、リアタイヤスパッツも付く、なかなか格好良い車だと思います。

ハセガワのグループCシリーズはエンジン再現は無いものの、部品構成がレジンキット並みに少なく、手軽に完成できそうな点が好きです。

ハセガワ XJR-8 スプリント ブログトップ
ブログ完成作品の譲渡希望および 製作代行・製作依頼については ブログのコメント欄よりお問合せください。
模型ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。