So-net無料ブログ作成

ハセガワ 1/24 タカキュートヨタ88C 1988LMの製作2 [ハセガワ トヨタ88C]

続きです。

白く残したい部分に作ったマスキングシートを貼り付けます。グリーンはマスキングゾルです。
IMG_1356.jpg

イエローにはフィニッシャーズのミディアムイエローを使用しました。イエローを吹いて、イエローXホワイトのシートを剥がしました。
IMG_1360.jpg

続いて黒の塗装に備え、イエローXホワイトの残したい箇所をマスキングします。広い部分はラップを使うと楽です。
IMG_1361.jpg

黒にはガイアのブラック、クレオスのスーパーブラックの順に吹きました。クレオスのスーパーブラックは隠ぺい力が弱いので下地にガイアのブラックをあらかじめ吹きます。全てのマスキングを剥がしました。
IMG_1362.jpg

ここでボディを上から見ると、後部ダクトにかかるイエロー横断ラインが一直線になっていません…。全体バランスを見ずにデカールに頼ったのが原因でした。
IMG_1363.jpg

せっかく3色塗分けをしたもののこのイエローラインがどうしても気になり、ボディ後ろ半分だけシンナーへ…。塗装を剥がしました。
IMG_1364.jpg

そして再度、白→イエロー→黒の順でマスキングしながら塗装しました。ダクトにかかるイエローラインは以前よりはまっすぐになりました。
IMG_1369.jpg

これでデカール貼りに進めそうです。

ハセガワ 1/24 タカキュートヨタ88C 1988LMの製作1 [ハセガワ トヨタ88C]

タカキュー(Newman)カラーのキット6種をストックしており、その中から1/24 タカキュートヨタ88C 1988LMを組立ることにします。ニューマン&タカキューカラーはイエロー、ホワイト、ブラックが映え、ポルシェ956からトヨタのグループCカーに展開された思い出のカラーです。

キットはハセガワ1/24 デンソートヨタ88Cを使用します。当時1500円で、今ではデカールも使用不可の状態でした。
IMG_1342.jpg

JSPC仕様では無くNewmanのステッカーが付く1988年ルマン出場車を作りたいです。まだ恵比寿にミスタークラフトがあった時代に入手したスタジオ27製のルマン仕様デカールを使用します。
IMG_1343.jpg

ボディのパーティングラインを消した後、塗料がとどき難いサイドの奥まった箇所にイエローを吹きました。イエローはフィニッシャーズのミディアムイエローです。このパーツはJSPC仕様とルマン仕様では別パーツになっています。
IMG_1344.jpg

続いてフィニッシャーズのファンデーションホワイトを全体に吹き、白のベース色としました。
IMG_1345.jpg

ここからイエローとブラックを塗分けできるようにするため、インクジェットプリンターでデカールをミラーコピーします。
IMG_1346.jpg

ホワイトデカール部を切り取り、マスキングシート裏面から100円ショップ製のスプレーのりを使い貼り付けます。
IMG_1347.jpg

切り取って、ボディ上、白で残したい箇所のマスキングテープが出来上がりました。
IMG_1348.jpg

これを使ってボディを3色で塗り分けます。

200万アクセス お礼 [目標]

本日21日(金)に200万アクセス(累計の総アクセス数)を突破しました。
2000000.jpg

今年になってからは特に更新回数が少ないにも関わらず、いつもアクセス、閲覧頂きありがとうございます。

手軽さから主のSNSはFacebookになっていますが、こちらのブログも今後も続けていきます。

よろしくお願いします。

フジミ 1/24 ランボルギーニディアブロSV MY99の製作2 (完成) [フジミ ディアブロSV MY99]

デカール貼付後は、フィニッシャーズのウレタンクリアGP1でオーバーコート、研ぎ出ししました。
IMG_1308.jpg

このキットのDXバージョンに付属の純正エッチングパーツを取り寄せました。確か400円程度だったと思います。ワイパーについては上:エッチング、下:キットのプラですが、シャープ差が歴然です。エンブレム類もエッチングで、エナメルカラーで色付け後、エポキシクリアー接着剤でオーバーコートし立体感を出しました。
IMG_1307.jpg

シャシーや内装の製作写真が無いのですが… そして完成です。

ヘッドライト内部のランプ箇所のパーツはフジミのZ32のものを使用しました。ライト部を凹に削り、クレオスのメッキシルバーでキラキラ感が出ました。プロジェクターライト部が目立たないのが反省点です。ヘッドライトカバーはタミヤのZ32から流用、サイズが合うよう削って調整しました。
IMG_1388.jpg

内装は赤と黒のツートンカラーで。フロントガラスの上部はクリアーグリーンを入れています。
IMG_1389.jpg

フロントのサイドマーカーはジャンクパーツから。ホイールは黒、銀(メッキシルバー)で塗り分けています。
IMG_1386.jpg

特に手は加えていませんが、このキットのリア部は雰囲気有り、良くできています。
IMG_1385.jpg
IMG_1384.jpg
IMG_1391.jpg
IMG_1390.jpg
IMG_1381.jpg

ヘッドライト固定式のディアブロは格好良いです。でもキットはフジミしかなく、そのヘッドライト部へも手を入れないといけないのが残念です。ディアブロの決定版的キットが出てくれればとも思いますが。


フジミ 1/24 ランボルギーニディアブロSV MY99の製作1 [フジミ ディアブロSV MY99]

ブログのアップロード方法を忘れてしまうくらいに久しぶりの更新です。

過去作ですが、フジミ 1/24 ランボルギーニディアブロSV MY99 を紹介します。
DSC00712.jpg

このキットは10年くらい前にハードオフで購入しました。帰宅して開封したら、ボディが綺麗とは言えないメタリックレッド塗装が… 製作途中のキット、部品が全てそろっていたのは幸いでした。以降中古キット購入の際にはちゃんと中身を確認するようになりました。

製作前にシンナーでボディカラーを落としました。

ヘッドライトが固定式になったディアブロ後期のキットは、おそらくフジミからしか出ていないと思います。このキットの致命的な箇所はヘッドライト横幅が狭いことです。ディアブロ実車はZ32フェアレディZのヘッドライトユニットを使用していることは有名です。このキットはディアブロ前期のリトラクタブルヘッドライトの箇所をサイズを変えずそのまま固定式にしたため、ヘッドライト幅が狭く格好悪く見えます。

ヘッドライトはカーモデルの顔ですから、このヘッドライト幅をボディ外側へ拡大しました。ボディ裏からパテで裏打ちし、ヤスリで成型しました。
DSC00703.jpg

フォーミュラワンのレッドブルカラーを表現したく、ボディをバラッカのRBブルー+パールで塗装。
IMG_1224.jpg

まだヘッドライト加工箇所の仕上げが甘くあらが目立ったので、再度シンナーで塗装剥がし…。これで2度シンナーに漬けているので3度目を許されないなぁと思いながら製作継続しました。
IMG_1227.jpg

ここでボディ塗装色を再検討。100円ショップのプラスプーンへ候補色を塗装してみました。左から全てクレオスで、
・GXメタルブルー
・GXメタルダークブルー
・GXメタルバイオレット
・GXメタルレッド+クリアーレッド(旧瓶)
・GXラフシルバー+クリアーレッド(旧瓶)
IMG_1235.jpg

GXメタルカラーは単色でも綺麗ですが、メタルレッド単色はレッドというよりもピンクでしたのでクリアーレッドでオーバーコートすることでキャンディーレッド調になりました。今回GXメタルレッド+クリアーレッド(旧瓶)を選びました。
IMG_1237.jpg

キット付属のボディサイドのSVデカールもこのボディ色ならば映えます。
IMG_1260.jpg

静岡ホビーショー2015モデラーズクラブ合同作品展の様子2 [展示会]

今年会場には半日しか居なかったため、全てのオートモデル作品を見学したわけではありませんが、
・モデルファクトリーヒロの1/12スケール
・ランボルギーニ
・GT3車両
の作品展示が目立っていたように思います。

スケモ副会長カズキ君率いる、スケモの作品群の一部です。tomさんのヒロ1/12フェラーリF2008は存在感抜群でした。
DSC04031.jpg
DSC04030.jpg
DSC04032.jpg
DSC04034.jpg
DSC04035.jpg
DSC04036.jpg

ヒロの1/12モデル等5作品、大きいモデルは目立ちます。
DSC04011.jpg
DSC04013.jpg
DSC04024.jpg
DSC04025.jpg
DSC04009.jpg

引き続き気になった作品です。
DSC04008.jpg
DSC04010.jpg
DSC04012.jpg
DSC04014.jpg
DSC04015.jpg
DSC04016.jpg

ケーニッヒのポルシェ928、珍しいです。
DSC04017.jpg

DSC04018.jpg
DSC04019.jpg
DSC04020.jpg
DSC04021.jpg
DSC04022.jpg
DSC04023.jpg

タミヤテスタロッサ改とフジミディアブロケーニッヒ、大変綺麗でした。
DSC04026.jpg
DSC04027.jpg

DSC04029.jpg
DSC04037.jpg
DSC04038.jpg
DSC04039.jpg
DSC04042.jpg

muttiさんの兼務先卓、テーマ:カストロールです。
DSC04040.jpg

以上気になった作品でした。

muttiさんが言っていたのですが、模型暦では静岡ホビーショーの一日目が大晦日、二日目が元日だそうです。一大イベントの良い表現だと思いました。

静岡ホビーショー2015モデラーズクラブ合同作品展の様子1 [展示会]

最近はFacebookの便利さからブログ更新頻度が激減しています。

5/16,17開催の静岡ホビーショー2015クラブ合同作品展に、静岡オートモデラーの集いから参加しました。今年は16日早朝と17日午後しか会場におらず、細かくは見学できませんでした。

静岡オートモデラーの集いの展示テーマは、最近のキットトレンドである「ランボルギーニ」でした。その展示作品を紹介します。
DSC04071.jpg

ノコッチさんのムルシエラゴR-SV 痛車。唯一の痛車、オリジナルデカールです。
DSC04041.jpg

代表muttiさん推薦のハードライト所属の方のディアブロ、マットボディが新鮮でした。
DSC04043.jpg

kwnさんの4作品。どれも丁寧、ピカピカの仕上がりです。ウルスは1/43です。
DSC04044.jpg
DSC04045.jpg
DSC04059.jpg
DSC04060.jpg

私mayupapaの4作品。新作はディアブロSV MY99とムルシエラゴR-SV GT1の2台。アヴェンタドールとカウンタックカットモデルは過去作ですみません。
DSC04046.jpg
DSC04064.jpg
DSC04053.jpg
DSC04065.jpg

SOF君の5作品。アヴェンタドールアニバーサリオはアオシマから先月発売されたばかり、ラインデカール仕様はオリジナルです。アヴェンタドールロードスターのライトブルーメタリックが綺麗です。
DSC04056.jpg
DSC04047.jpg
DSC04061.jpg
DSC04062.jpg
DSC04063.jpg

テキサスさんのムルシエラゴR-SV JLOC 2010ルマン、デカールはレーシングデカール43製です。
DSC04048.jpg

おぺさんの2作品。ムルシエラゴR-SV GT1の半艶仕上げは三者三様でした。
DSC04049.jpg
DSC04054.jpg

33乗り君の2作品。アヴェンタドールはハセガワのゴールドミラーフィニッシュを5セット貼り付けたとのこと。気泡やしわが無くきれいに貼り付けてありました。
DSC04055.jpg
DSC04050.jpg

muttiさんのガヤルド後期、フジミキット+トランスキット使用です。
DSC04051.jpg

Macky34さんの7作品。ブルーのアヴェンタドールはMANSORY仕様で、フェンダースリット等改造施してありました。ヴェネーノのイタリアカラーも良いですね。
DSC04066.jpg
DSC04070.jpg
DSC04052.jpg
DSC04067.jpg
DSC04068.jpg
DSC04069.jpg
DSC04072.jpg

もっちーさんのアヴェンタドールロードスター、展示前日まで頑張って製作してくれました。
DSC04057.jpg

ヨウさんのヴェネーノ、メタリックグレーが似合っています。
DSC04058.jpg

以上12名、30台のランボルギーニ展示でした。
「ランボルギーニだ!」と気付き、見学頂いた方、展示協力頂いた方にお礼申し上げます。ありがとうございました。

その2へ続く

オートモデラーの集いin横浜2015の様子2 [展示会]

3月はタミヤ新橋のスケールモータースポーツフェアに参加の予定です。タミヤキット限定ですがみなさんもこの機会にぜひ「展示側」でご参加ください。詳細は以下を参照ください。
http://www.modulo.jp/SMF/2014SMF/index.html

オートモデラーの集いin横浜2015での気になった作品の続きです。最近のオートモデル作品の傾向がわかるでしょうか。

DSC03715.jpg
DSC03716.jpg
このフェラーリもレアキットです。
DSC03717.jpg
ミニカーベース?大変良くできていました。
DSC03719.jpg
DSC03720.jpg
この作品は1/20でした。
DSC03721.jpg
DSC03722.jpg
DSC03723.jpg
DSC03724.jpg
DSC03725.jpg
DSC03726.jpg
DSC03727.jpg
フジミの1/24フェラーリF355だと思いますが、エンジン搭載、フル開閉化しています。
DSC03728.jpg
DSC03729.jpg
ここからのグループA(フェアレディZは違いますが)5作品、格好良く見せるために大変手が入っていると思います。
DSC03731.jpg
DSC03732.jpg
DSC03733.jpg
DSC03734.jpg
DSC03735.jpg
ミクBMW Z4 GT300を年代毎に製作、製作者殿とも少しお話できました。タイヤはタミヤGTキットから流用とのこと。手前左の2014仕様の完成品は珍しいです。
DSC03737.jpg
DSC03739.jpg
DSC03741.jpg
DSC03745.jpg
ニュル仕様のLF-Aです。
DSC03747.jpg
発売されたばかりのアオシマ版 1/24 マクラーレンF1-GTR ラークがありました。アオシマのボディ形状が実車に一番近いはずです。私が製作したスタジオ27版のほうは形状がグラマラスに見えます。
DSC03748.jpg
モダンフェラーリを一同に並べるのも目を惹きます。
DSC03749.jpg
DSC03751.jpg
DSC03752.jpg
DSC03754.jpg
DSC03756.jpg
この方のムルシエラゴGT1は光沢仕上げで、個人により解釈が異なるのは面白いです。
DSC03758.jpg

ここからの作品は1/43になります。

TWRが携わった日産R390 GT1です。会場で多くの方と今年のWECの話をしましたが、LMP-1のGT-Rを危惧する人は多かったです。
DSC03672.jpg
DSC03673.jpg
DSC03674.jpg
DSC03688.jpg
DSC03689.jpg
DSC03711.jpg
DSC03712.jpg

以上です。展示作品の極一部でしか無いことを付け加えておきます。

オートモデラーの集いin横浜2015の様子1 [展示会]

2/7(土)日産自動車横浜工場で開催された「オートモデラーの集いin横浜2015」に参加しました。当日完成させたアオシマ1/24 ランボルギーニムルシエラゴR-SV 2010 GT1を含む1年以内の完成作品4台を持参・展示しました。
DSC03742.jpg
IMG_1102.jpg
IMG_1103.jpg
IMG_1104.jpg
IMG_1105.jpg

今年は参加240名以上、展示台数約900台で、毎年規模が大きくなっています。今回展示会で気付いたこととして、

・900台のうちフォーミュラ(F1)は1/20と1/43で合わせて数台程度で全体の1%にも満たない。
・この一年間で発売されたプラモデルキットの完成品の数も少ない。ほとんどが雑誌作例の展示品のみ。
(それではみなさんが何を作っているかと言うと)
・ネットオークションで高値になっている古いレアキット(プラモデル)の完成品が多かった。
・ドア開閉、エンジン再現等、一台一台を丁寧に作りこんでいる作品が目立った。
・(私の好きなレースカーでは)ラリーカー、グループA、GT3車両の展示が多い。
以上です。

会場で気になった作品のいくつかを掲載します。

お世話になっている静岡オートモデラーの集いメンバーの作品です。
DSC03708.jpg
DSC03709.jpg
DSC03713.jpg
DSC03707.jpg
DSC03714.jpg
DSC03686.jpg
DSC03690.jpg
DSC03675.jpg
DSC03760.jpg
DSC03759.jpg

SOF君のアオシマ1/24 プリペイントキットのトヨタ86です。基本的にキットのままで、プリペイントのボディの綺麗さに驚きました。誰でもこのレベルで完成できるならば模型製作者の裾野も広がると思いました。好キットのようです。
DSC03743.jpg

ここから他クラブメンバーの方の作品です。

DSC03661.jpg
DSC03662.jpg
DSC03663.jpg
DSC03664.jpg
DSC03665.jpg
DSC03666.jpg
DSC03667.jpg
DSC03668.jpg
DSC03669.jpg
DSC03670.jpg
DSC03676.jpg
DSC03678.jpg
DSC03681.jpg
DSC03684.jpg
DSC03685.jpg
DSC03687.jpg
DSC03691.jpg
DSC03692.jpg
DSC03693.jpg
DSC03694.jpg
DSC03695.jpg
DSC03696.jpg
DSC03697.jpg
DSC03699.jpg
DSC03702.jpg
DSC03700.jpg
映画キャノンボールのカウンタックです。
DSC03704.jpg
フジミ1/24 フェラーリF430はガルウイングドアでは無いのですが…大改造です。
DSC03706.jpg
DSC03710.jpg

その2(最終回)へ続く

東京オートサロン2015の様子2 [展示会]

しばらく前にF1のスーパーライセンス発給条件に、過去3年間の下位カテゴリー年間順位に応じたポイント40ポイント獲得、が決定しました。FIA(国際自動車連盟)により下位カテゴリーも明確になり、原則、以下のカテゴリーに参戦しない限りF1ドライバーにはなれません。
・FIA F2(未開催)
・GP2
・ヨーロッパF3
・FIA WEC (LMP1のみ)
・インディカー
(ここまでは1回チャンピオン獲得で40ポイントクリア)

・GP3
・フォーミュラ・ルノー3.5
(1回チャンピオン獲得だけでは不十分)

・スーパーフォーミュラ
(日本、2度チャンピオン獲得で40ポイント到達)

・FIA公認国内F4
・国内F3
・フォーミュラ・ルノー(EuroCup, ALPS or NEC)

ポイント配分には否定的意見が多いですが、私もスーパーフォーミュラへの配分が少ない、と思います。現在の日本人ドライバーに適用すると3年間40ポイント超を満たすのは、中嶋一貴(SFチャンピオン2回+WEC)だけでは無いでしょうか。過去のF1参戦時点で満たしているのは中嶋悟? 他は鈴木亜久里、片山右京、佐藤琢磨、小林可夢偉、誰も満たしていないことになります。

あとはFIAが発給条件に「例外」も認めると言いましたが、それならばその例外の詳細まで明文化しておいてほしいです。「過去F1でチャンピオンを獲得したものは、F1カテゴリー参戦停止後〇年以内ならば無条件に発給する」とか。ラウダ、プロスト、シューマッハの例を見れば決められると思うのですが。

東京オートサロンの続きです。

ドレスアップカーのベース車両は何か、毎年変わると思います。比較的新しい車を使用するケースが多いですが今回は、レクサスRC/RC-F、ランボルギーニ・アヴェンタドール、BMWi8の数が目立ちました。これら3モデルは非常に高額なので、おそらく出展社は実車オーナーからレンタルしていると想像します。あとはスバルレヴォーグがちらほら。
DSC03516.jpg
DSC03537.jpg
DSC03549.jpg
ピンクのアヴェンタドールロードスターですよ。
DSC03574.jpg

このマセラティも格好良かったです。
DSC03572.jpg

とことん改造した車、マツダロードスターベースのトヨタ2000GTオープンレプリカ、売約済みとなっていました。
DSC03532.jpg

これも手間と苦労が想像できます。
DSC03559.jpg
DSC03582.jpg

トラストのオーバーフェンダー装着のトヨタ86等
DSC03571.jpg
DSC03562.jpg
DSC03563.jpg

メーカーブース、ホンダS660とマツダ新型ロードスターは人だかりでした。
DSC03503.jpg
DSC03540.jpg

好きなレースカー群、以前と比べてレースカー展示が非常に増えました。
DSC03533.jpg
DSC03546.jpg
DSC03550.jpg
DSC03558.jpg
DSC03561.jpg
レクサスRC-F GT3は現在岡山でテスト中ですね。
DSC03578.jpg
DSC03581.jpg
珍しいマツダのLMP2車両、米IMSA用とのことです。
DSC03543.jpg

面白かったのは電気、電装部品、工具のエーモンのブース、実際に端子付け等の体験ができます。BMWヒューズボックスから電源採りの話をしたら、係りの人が電源分岐コネクターを数種類くれました。ありがとうございました。
DSC03560.jpg

最後にちょっと苦言を。

屋外会場ではSFとラリーカーのデモランがあり迫力がありました。特にラリーカー(新井敏弘選手)の壁をかすめるようなドリフト走行は超人的で良かったです。
DSC03517.jpg
DSC03529.jpg

でも人垣で見られなかった子供達もいました。せっかく車に興味があり来てくれた子供達に優先して見られるよう、子供もしくは子供同伴エリアを作ったり、「お子さんへの間近の観戦にご協力ください。」のアナウンスがあっても良かったと思います。

あと妖怪ウォッチショー開催とオートサロンのアンバランスさ。子供向けイベントと大人向けイベント併催の中途半端さ。しかも妖怪ウォッチショー開催は閉幕間近の16時以降からです。これでは親も子供も待ち疲れてしまいます。
DSC03569.jpg

メインスポンサーとの関係もあるようですが、もう少し子供に配慮した(あるいは子供をいっさい対象としない)展示会にしてほしいと思いました。

ブログ完成作品の譲渡希望および 製作代行・製作依頼については ブログのコメント欄よりお問合せください。
模型ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。